NetAppが導入された環境では、開発 / テストチームによるデータウェアハウスへのアクセスは、データベースのコピーへのリアルタイムなアクセスになります。これにより、本番環境のデータがテストなどによって変更されるリスクを削減できます。また、本番環境と同じデータを使用することによって、より詳細なテストや開発の実施と、品質の確保が可能になります。

本番環境と開発 / テスト環境間でデータウェアハウスの分離、更新、一貫性を管理することは、最も経験の豊富なITチームにとってさえも、決して容易な作業ではありません。NetApp SnapMirrorとFlexCloneには、本番環境システムへの影響を最小限に抑えながら、開発 / テストチームに最新のデータベースフローを提供するデータウェアハウス管理ツールがあります。

NetApp FlexCloneを使用すると、データマートやデータウェアハウスに開発やテスト用のデータベースを瞬時に作成 / 複製できます。また、本番環境データベースのFlexClone仮想コピーによって、開発 / テストチームは本番データのほぼリアルタイムのコピーを使用して作業し、パッチの適用、テスト、開発、レポート作成、トレーニング、および品質保証を実行できるようになります。

NetApp のデータ・ウェアハウス・ソリューション(PDF:英語)の詳細を理解することで、 時間、空間、およびコストを削減できます。