コスト削減を実現 異なる DAS、NAS、および SAN のストレージ環境を単一のインフラに統合して標準化すると、 利用率を高めてデータセンターの効率性を改善することができます。

今日の経済では、「平凡な日常業務」という環境はもはや存在しません。ストレージに対する需要はますます高まり、インフラ戦略を見直す必要性も高まっています。特定の用途ごとにシステムを導入するという従来のアプローチでは、資産が取り残された孤島のように点在することになります。これでは、管理が困難になり、効率性と利用率の低下、運用コストの増大を招くことになります。多くのシステム管理者は複雑なシステムに囲まれて、ルーチン作業と繰り返しの管理作業にほとんどの時間を奪われています。システム環境は拡張性を失っており、企業には、多くの人材や資産を投入してデータの増大に対応できるほどの余裕がありません。

ユニファイド・ストレージ・システムにすべてのテクノロジを統合すると、インフラをシンプルにすることができます。つまり、CIFS、NFS、iSCSI SAN、Fibre Channel SAN、および FCoE SAN を、管理と拡張に簡単に対応できる 1 つのシステムに統合できます。これにより、多額のコストがかかるデータセンターの増床や新設を回避することも可能です。ストレージ統合により、スペース、電力、冷却設備のコストが削減されます。

当社は複数のストレージプロトコルに対してネイティブでの接続が可能です。このサポートは、V シリーズ製品ライン上のサードパーティ製 SAN、UNIX® や Windows® の複数のファイルサーバ、さまざまなワークロードなどを 1 つの NAS プラットフォームで統合する場合に役立ちます。

優れた拡張性、柔軟性、パフォーマンスを実現しながら、シンプルで一貫性のある管理体系が実現するのです。

統合を支援し、必要とされる効率性、応答性、およびコスト削減の実現に貢献する NetApp® のストレージソリューションを今すぐご覧下さい。詳細については、統合ソリューションの概要 (PDF)、およびプロフェッショナルサービスのご紹介 (PDF) を参照してください。