NetApp Certified Support Engineer(NCSE)試験

NCSE認定資格を取得するためのNS0-191試験についてご案内します。

NS0-191 
NetApp Certified Support Engineer

NS0-191試験は、55~65問の問題で構成され、1時間30分の試験時間内に回答を完了する必要があります。日本など、英語が母国語でない国では、受験者の試験時間が30分延長されます。
NS0-191試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。

ONTAP®の基礎

  • アグリゲートのステータス
  • AutoSupportのトラブルシューティング方法
  • clustered Data ONTAPでのクラスタリング
  • クラスタのアップグレードに必要な手順に関する知識
  • ONTAPでのスペース使用量
  • Advanced Disk Partitioning(ADP;アドバンスト ディスク パーティショニング)の導入
プラットフォームとストレージ
  • ストレージ コントローラに関する問題の分析方法
  • HAインターコネクトの統計とエラー発生数
  • ONTAPにおけるシステム メモリとNVRAMの利用方法
  • FRUの交換に関する考慮事項
プロトコルに関するトラブルシューティング
  • SANコンポーネント
  • NFSのトラブルシューティング方法に関する知識
  • SMB(CIFS)のトラブルシューティング方法に関する知識
  • ネットワークの設定方法
  • 権限関連のトラブルシューティング方法に関する知識
  • パケット トレースの収集方法
パフォーマンス分析
  • 一般的なパフォーマンス ボトルネック
  • ファイルシステム スキャナの種類
  • パフォーマンス統計の収集方法
ネットアップのデータ保護および管理ソフトウェア
  • OnCommand®スイート製品
  • ONTAPのデータ保護
  • SnapManager®またはSnapDrive®ソフトウェア
この認定試験の申し込みは今すぐこちらから行えます。
 

試験の結果は、受験を終えてから2~5営業日後にCertCenterでご確認いただけます。CertCenterでは、以下のことが行えます。

  • 試験結果の表示
  • 認定証明書の表示
  • 個人情報や人口統計情報の更新
  • デジタル バッジのダウンロード
  • 電子認定証明書のダウンロード
  • 認定ロゴのダウンロード
  • 雇用主やお客様への認定証明書の提示
 

認定試験の申し込みはこちらから行えます。

ご質問等がございましたら、こちらからお問い合わせください。