NetApp Certified Support Engineer—ONTAP Specialist試験

NCSE—ONTAP Specialist認定資格を取得するためのNS0-590試験についてご案内します。

NS0-590
NetApp Certified Support Engineer - ONTAP Specialist

NS0-590試験は、60問の問題で構成され、1時間30分の試験時間内に回答を完了する必要があります。日本では、第一言語が英語でないことが考慮され、受験者の試験時間が30分延長されます。

正答率64%以上(60問中38問以上)が合格となります。

NS0-590試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。

Data ONTAP

  • ユーザ スペース プロセスのトラブルシューティング
  • WAFLリカバリ
  • ARL(アグリゲートの再配置)またはボリュームの移動
  • クォーラムのトラブルシューティング
  • クラスタまたはノードのリカバリ
  • Storage Efficiency
プラットフォームとストレージ
  • 障害が発生しているストレージ コンポーネントの修正方法
  • SAS / FC-ALケーブルの問題のトラブルシューティング方法
  • FIFO文字列のデコード方法
  • HAハードウェアの問題の解決方法
ネットワークとプロトコル
  • SAN接続のトラブルシューティング方法
  • ネットワークの高度なトラブルシューティング
  • NASのトラブルシューティング
  • パケット トレース ベースのトラブルシューティングの実行方法
  • NFSバージョンの違い
  • SMBのさまざまな機能
パフォーマンス
  • パフォーマンスの問題の分析方法
  • WAFL構造の特定
この認定試験の申し込みは今すぐこちらから行えます。
 

試験の結果は、受験を終えてから2~5営業日後にCertCenterでご確認いただけます。CertCenterでは、以下のことが行えます。

  • 試験結果の表示
  • 認定証明書の表示
  • 個人情報の更新
  • 電子認定証明書のダウンロード
  • 認定ロゴのダウンロード
  • 雇用主やお客様への認定証明書の提示
 

認定試験の申し込みはこちらから行えます。

ご質問等がございましたら、こちらからお問い合わせください(英語でお問い合わせください)。