NetApp VシリーズはIT運用をシンプルにし、既存のストレージ アレイから今以上の価値を引き出します。

NetApp V6210、V6240、V6280、V3210、V3240、V3270の技術仕様は、こちらからご覧ください。

仕様を表示:
V6200シリーズ
仕様 V6220 V6250 V6290
一般仕様

次のWebサイトで、対応するFASモデルの仕様を参照してください。 
FAS6200技術仕様

最大システム容量 4,800TB 5,760TB 5,760TB
LUNとネットアップ ドライブの最大数[1] 1,200 1,440 1,440
サポート対象のストレージ アレイ EMC、HP、HDS、IBM、富士通から提供されている一部のFC-SANストレージ アレイおよびNetApp Eシリーズ
サポート対象のネットアップ ディスク シェルフ DS2246、DS4243、DS4246、DS4486
RAIDのサポート 接続されている他社製ストレージ アレイ:データ保護には、ストレージ アレイが標準対応しているRAIDを使用する必要があります。Vシリーズは、パフォーマンスの観点から、すべてのストレージ アレイLUNを対象にストライピング(RAID 0)を行います。 
ネットアップ ディスクドライブ:RAID 4、RAID-DP、RAID 4+SyncMirror(RAID 1)、RAID-DP+SyncMirror


V3200シリーズ
仕様 [1] V3220 V3250
一般仕様

次のWebサイトで、対応するFASモデルの仕様を参照してください。 
FAS3200技術仕様

最大システム容量 1,920TB 2,880TB
LUNとネットアップ ドライブの最大数[1] 480 720
サポート対象のストレージ アレイ EMC、HP、HDS、IBM、富士通から提供されている一部のFC-SANストレージ アレイおよびNetApp Eシリーズ
サポート対象のネットアップ ディスク シェルフ DS2246、DS4243、DS4246、DS4486
RAIDのサポート 接続されている他社製ストレージ アレイ:データ保護には、ストレージ アレイが標準対応しているRAIDを使用する必要があります。Vシリーズは、パフォーマンスの観点から、すべてのストレージ アレイLUNを対象にストライピング(RAID 0)を行います。 
ネットアップ ディスクドライブ:RAID 4、RAID-DP、RAID 4+SyncMirror(RAID 1)、RAID-DP+SyncMirror


Vシリーズとストレージ アレイ間の接続用SANスイッチ
スイッチ ベンダー Brocade、Cisco

サポート対象のスイッチ モデルと構成については、
NetApp Interoperability Matrix Toolを参照してください。[2]

support.netapp.com/matrix/

[1] 最大数には、ストレージ アレイからVシリーズ コントローラにプロビジョニングされたLUNと、接続されたネットアップ ディスクドライブの両方が含まれます(同じシステム内で組み合わされている場合)。 

[2] NetApp Interoperability Matrix Tool(IMT)へのアクセスは、ネットアップの社員、パートナー、既存のお客様のみが可能です。