NetApp Vシリーズ ストレージ仮想化コントローラ

NetApp VシリーズはIT運用をシンプルにし、既存のストレージ アレイから今以上の価値を引き出します。

NetApp® Vシリーズ ストレージ仮想化コントローラは、先進のデータ保護、データ管理、ストレージ効率化の各機能を、お客様が運用中のEMC®、HDS、HP、IBM®、富士通、そしてNetApp Eシリーズ ストレージ アレイに提供します。

重複排除機能やシンプロビジョニング、データ圧縮といったネットアップのストレージ効率化機能で容量の35%以上が解放されるため、データが増大しても新しいディスクドライブを大量に購入する必要がありません。また、各種フラッシュ ポートフォリオでワークロードのパフォーマンスを最適化できます。

統合データ プロテクション
バックアップやレプリケーションにネットアップの統合データ プロテクション機能を活用し、ベンダーもモデルも異なるストレージ アレイ間でビジネスの継続性を実現できます。

ストレージ仮想化
Vシリーズでストレージ インフラを仮想化すると、ストレージの利用率と即応性が高まります。容量とパフォーマンスをほぼ無制限に拡張できる上、担当者1人で数ペタバイトを管理できます。

ストレージ ゲートウェイ
マルチプロトコル対応(NFS、CIFS、iSCSI、FCoE、FC)のVシリーズを利用すると、既存の他社製ストレージ アレイにNASやSANのゲートウェイを追加できます。