SolidFireオールフラッシュ アレイ

次世代データセンターを実現

最新のデータセンターには、目指すビジネス モデルと同じくらい革新的なストレージが必要です。スケールアウト、100%予測可能、完全に自動化されたSolidFireの プラットフォームであれば、オールフラッシュ ストレージをトータルで効率的に活用できます。容量にかかわらず、一定したアプリケーションのパフォーマンスを保証しつつ、かつシステムを中断することなく簡単に導入できます。大量のストレージを使用する場合でも問題ありません。

最大限の柔軟性でオールフラッシュ ストレージを活用

ターンキー ストレージ

ハードウェアとソフトウェアを組み合わせた包括的ソリューションであり、次世代データセンターを容易に導入できます。

SolidFireシリーズの詳細はこちら

容量単位のライセンス

同じ価格でも、従来型ストレージをはるかにしのぐ汎用性と価値が得られます。

SolidFire CLAの詳細はこちら

カスタマイズ ハードウェア

ストレージ ハードウェアのソフトウェアのみのライセンスを利用することで、自社のサプライ チェーンを活用できます。

Element Xの詳細はこちら

アプリケーションやサービス、あらゆるVMを導入する際のインフラの即応性と応答性は、従来のアーキテクチャの最大15倍になります。SolidFireを利用すれば、データの移行やフォークリフト アップグレードを行うことなく、20テラバイトの規模をペタバイト レベルまでシームレスに拡大できます。

ワークロードのパフォーマンスを保証:単一プラットフォーム上の数百個のアプリケーションで、常に予測可能なパフォーマンスが得られます。

ストレージ インフラ全体を自動化:ストレージのプロビジョニング、管理、レポートのすべての作業を自動化する、信頼性の高いRESTベースAPIに接続できます。

制限のないスケールアウト:ビルディング ブロック方式によってITサービスの提供を迅速化して、容量とパフォーマンスをオンデマンドで実現します。

ESGによって定量化されたSolidFireのスケールアウト機能の経済的価値について詳しくは、こちらをご覧ください。

詳しくは、SolidFireのデータシート PDFをご覧ください。