NetApp Flash Cacheインテリジェント キャッシングに大容量ドライブを組み合わせれば、ストレージのパフォーマンスと効率を最適化できます。

ハード ディスクドライブ(HDD)やソリッドステート ドライブ(SSD)を増やす代わりに、PCIeベースのNetApp® Flash Cacheインテリジェント キャッシングをコントローラに実装すると、ストレージ システムのパフォーマンスを最適化できます。

Flash Cacheでは、最近読み込まれたユーザ データやネットアップ ストレージ コントローラ内のメタデータがインテリジェントにキャッシングされるため、データに高速でアクセスできます。セットアップや運用管理は一切不要で、パフォーマンスの調整も可能です。Flash Cacheは、ネットアップの全種類のストレージ プロトコルとソフトウェアに対応するため、以下を実現できます。

  • I/Oスループットを最大75%向上[1]
  • パフォーマンスを低下させることなくディスクドライブの数を最大75%削減[2]
  • ディスクドライブを追加せずにEメールのユーザ数を最大67%拡大[3]

インテリジェント キャッシングにNetApp Storage Efficiencyテクノロジを組み合わせたバーチャル ストレージ ティアでは、データ自体を移動することなく、ホット データをリアルタイムで高性能ストレージに昇格することができます。

Flash Cacheによるインテリジェント キャッシングの詳細については、こちらの PDFをご覧ください。

NetApp Data ONTAP®ストレージ オペレーティング システムのPredictive Cache Statistics(予測キャッシュ統計情報) PDF PDF(英語版)を使用すると、ストレージ システムにFlash Cacheを実装した場合の効果をシミュレートできます。