NetApp FAS8200シリーズ ハイブリッド ストレージ アレイの技術仕様

仕様を表示:
スケールアウト FAS8200
NASの拡張性 1~24ノード(HAペア×12)
最大ドライブ数(HDD / SSD) 5,760/5,760
最大容量 57PB
NVMe Flash Cache™の最大オンボード容量 48TB
Flash Pool™の最大容量 576TB
最大メモリ容量 3,072GB
SANの拡張性 1~12ノード(HAペア×6)
最大ドライブ数(HDD / SSD) 2,880/2,880
最大容量 28PB
NVMe Flash Cache™の最大オンボード容量 24TB
Flash Poolの最大容量 288TB
最大メモリ容量 1,536GB
クラスタ インターコネクト 10GbE×2
HAペアごとの仕様(アクティブ / アクティブ デュアル コントローラ構成)
FAS8200
最大ドライブ数(HDD / SSD) 480/480
最大容量 4.8PB
コントローラのフォーム ファクタ シングルエンクロージャHA
(1台の3Uシャーシに2台のコントローラを搭載)
メモリ 256GB
NVMe Flash Cache™の最大オンボード容量 4TB
Flash Poolの最大容量 48TB
フラッシュの総容量 48TB
NVRAM 16GB
PCIe拡張スロット 4
オンボードI/O:UTA2
(8Gb/16Gb FC、GbE/10GbE、FCVIポート [MetroClusterのみ])
8
オンボードI/O:10GbE 4
オンボード10GbE Base-T 4
オンボードI/O:12Gb SAS 8
サポートするストレージ ネットワーク プロトコル FC、FCoE、iSCSI、NFS、pNFS、CIFS / SMB
OSのバージョン ONTAP 9.1 RC1以降
高可用性機能 イーサネットベースのサービス プロセッサとONTAP管理インターフェイス、冗長構成のホットスワップ対応コントローラ、冷却ファン、電源


サポート対象の構成




ONTAP 9.1


ハードウェア クラスタ構成:

  • 2ノードのスイッチレス クラスタまたはスイッチ使用クラスタ
  • HAペアで構成されたクラスタ

同期レプリケーション向けのMetroCluster構成:

  • 2ノード
  • 4ノード:ファブリック接続(スイッチ使用)ストレージで構成した2ノードのスイッチ使用クラスタ / スイッチレス クラスタ×2(合計4ノード:各サイトに2ノードのアクティブ / アクティブ クラスタ)
  • 8ノード(NASのみ):ファブリック接続(スイッチ使用)ストレージで構成した2ノードのスイッチ使用クラスタ / スイッチレス クラスタ×4(合計8ノード:各サイトに4ノードのクラスタ)
サポート対象のディスク シェルフ DS224C(2U、24ドライブ、2.5インチSFF、12Gb)
DS212C(2U、12ドライブ、3.5インチLFF、12Gb)
DS2246(2U、24ドライブ、2.5インチSFF、6Gb)
DS4246(4U、24ドライブ、3.5インチLFF。6Gb)
DS4246(IOM3搭載のDS4243がIOM6搭載に変更)
DS4486(4U、48ドライブ、3.5インチ、6Gb)
各ディスク シェルフとサポート対象のドライブ タイプの詳細については、「ネットアップ ディスク シェルフとストレージ メディア」のページをご覧ください。
最大RAIDグループ サイズ RAID-TEC™(トリプル パリティ)
  • SSDおよび高性能HDD:29(データ ディスク×26+パリティ ディスク×3)
  • 大容量HDD:21(データ ディスク×18+パリティ ディスク×3)
RAID6(RAID-DP®)
  • SSDおよび高性能HDD:28(データ ディスク×26+パリティ ディスク×2)
  • 大容量HDD:20(データ ディスク×18+パリティ ディスク×2)
RAID 4
  • SSDおよび高性能HDD:14(データ ディスク×13+パリティ ディスク×1)
  • 大容量HDD:7(データ ディスク×6+パリティ ディスク×1)
RAID 6+RAID 1またはRAID 4+RAID 1(SyncMirror®)
サポート対象のオペレーティング システム Windows® 2000、Windows Server® 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2012、Windows Server 2016、Linux®、Oracle® Solaris、AIX、HP-UX、Mac® OS、VMware®、ESX®
最大LUN数 FAS8200:12,288
サポートされるSANホスト数 FAS8200:8,192
FlexVol® コントローラあたり最大1,000
Snapshot®コピー コントローラあたり最大255,000
最大ボリューム サイズ 100TB
最大アグリゲート サイズ 400TB
統合ポートとPCIe拡張スロットを含む最大ポート数
FCターゲット ポート(32Gb自動切り替え) 8
FCターゲット ポート(16Gb自動切り替え) 24
FCターゲット ポート(4Gbまたは8Gb) 16
FCoEターゲット ポート、UTA(最大) 24
40GbE 8
10GbEポート(最大) 32
10GbE Base-Tポート(最大) 4
6Gb / 12Gb SASポート(最大) 24
FCイニシエータ ポート(最大) 24
最大アダプタ数
32Gb FC 4
40GbE 4
デュアル10GbE(光ファイバまたはカッパー) 4
デュアル10G Base-T(RJ-45、CAT 6A-E) 4
クアッドGbE(カッパー) 4
デュアル10GbE / FCoE 16Gb FCユニファイド ターゲット アダプタ2(UTA2、10GbE / FCoE環境では光ファイバまたはカッパー、16Gb FCでは光ファイバ) 4
8Gb FCターゲット 4
クアッド12Gb SASストレージHBA 4
クアッド4Gb FCストレージ / テープHBA(ファイバ) 4
システム環境仕様

FAS8200
温度定格(200V時) 1,850BTU(実効)

2,130BTU(最大時)
重量(フル搭載時) 78.92ポンド
高さ 3U
19インチIECラック準拠(44.7cm、17.6インチ)
奥行 60.7cm(23.9インチ)(ケーブル用トレーを含む場合73.4cm[28.9インチ])
動作時の温度、高度、および相対湿度 高度3,000m(10,000フィート)以下で5~45°C(41~113°F)、相対湿度8~90%、結露なし(湿球温度は28°C)
非動作時の温度と相対湿度 –40~70°C(–40~158°F)、相対湿度10~95%、結露なし、標準の梱包材を使用のこと
動作時騒音レベル
FAS8200:
  • 公示音響パワー(LwAd)(ISO 9296準拠):7.8Bel
  • 音圧レベル(LpAm)(付近で計測):62.6dB
コンプライアンス RoHS指令への準拠 PDF
安全 / 電磁波 / 耐ノイズ性 安全性:EN 60950、CE、CSA 60950、UL 60950、CB IEC60950-1(国ごとの違いに対応)、EN60825-1、IRAM、CU、BIS、BSMI、SONCAP、NRCS LOA(南アフリカ)

電磁波、耐ノイズ性:FCC Part 15 Class A、ICES-03、CE、KCC、VCCI、AS/NZS CISPR 22、EN55022、EN55024、EN61000-3-2、EN61000-3-3、SABS COC(南アフリカ)、BSMI
ネットアップ システム キャビネット
FAS8200
ラック スペース 42U
寸法(高さ / 幅 / 奥行) 200cm(78.75インチ) / 60cm(23.6インチ) / 112.5cm(44.3インチ)
通気用キャビネット最小作業範囲 前面25.4cm(10インチ)、背面30.5cm(12インチ)
保守用キャビネット最小作業範囲 前面および背面76.3cm(30インチ)、上部30.5cm(12インチ)
AC電源 200~240VAC
現状 30A単相または三相
重量(非搭載時) 138kg(307ポンド)
特徴 ケーブル配線穴を備えたスプリット式の背面ドア、リバーシブルな前面ドア(右開きと左開きの両方に対応)

© 2016 NetApp, Inc. All rights reserved.本ドキュメントの記載内容は、いかなる箇所においてもNetAppからの書面による事前の許可なく複製、転用することを禁じます。記載事項は、予告なく変更される場合があります。NetApp、NetAppのロゴ、ONTAP、Flash Cache、Flash Pool、FlexVol、MetroCluster、RAID DP、Snapshot、SyncMirrorは、米国およびその他の国におけるNetApp, Inc.の商標または登録商標です。Windows、Windows Serverは、Microsoft Corporationの登録商標です。Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。OracleはOracle Corporationの登録商標です。VMware、ESXは、VMware, Inc.の登録商標です。MacはApple Inc. の登録商標です。その他のすべてのブランドおよび製品は、それを所有する各社の商標または登録商標であり、相応の取り扱いが必要です。