この製品の新しいバージョンをご利用いただけます。
FAS6200のページをご覧ください。

仕様検索:
製品ハイライト

オペレーティング・システム

NetApp Data ONTAP 7.2.4 以降のソフトウェア

サポートする
オペレーティング・システム

Windows® 2000, Windows Server 2003、Windows XP、Linux®、Sun™ Solaris™、AIX、HP-UX、Mac® OS、VMware、ESX

標準ソフトウェア

RAID マネージャー(RAID-DP 含む)、Snapshot™、Fast Boot、telnet、メールによるアラート、NIS、DNS、SNMP、FilerView®、FlexVol®、FlexShare™、SSH、メンテナンスセンター、Network Data Management Protocol (NDMP)

サポートする
ネットワーク・プロトコル

UDP またはTCP 上のNFS V2/V3/V4、(PC) NFS クライアント認証用PCNFSD V1/V2、MicrosoftR CIFS、HTTP 1.0、HTTP 1.1、仮想ホスト

サポートするSANプロトコル

FCP(Fibre Channel Protocol)( 2Gb、4Gb)、ファブリック接続および直接接続に対応、IP SAN(iSCSI)、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)

オプションソフトウェア製品

FlexClone™、 FlexCacheMultiStore®、 SnapMirror®、 SnapRestore®、SnapDrive®、 SnapManager® for Microsoft Exchange、 SnapManager for Microsoft SQL Server、 SnapManager for Oracle®、 Single Mailbox RecoverySnapVault®、SnapMover®、SnapLock® Compliance、SnapLock Enterprise、 SyncMirror®、 MetroClusterCommandCentral™ StorageProtection Manager2File Storage Resource Manager、SAN Manager、 Operations Manager3、ApplianceWatch™ for HP Openview、ApplianceWatch for Tivoli®

ハードウェア機能

RoHS 対応、標準搭載の全二重10/100/1000Base-T イーサネット、自己診断LED/LCD, 標準リモート管理カード、冗長構成のホットプラグ冷却ファン、冗長構成のホットプラグ電源、Compact FlashR、19 インチ・ラックマウント・エンクロージャ、220V 42U 19 インチ・システムキャビネット(オプション)

最大RAIDグループサイズ

RAID 6 (RAID-DP) FC – 28 (データディスク×26 + パリティディスク×2)、SATA – 16 (データディスク×14 + パリティディスク×2)
RAID 44 FC – 14 (データディスク×13 + パリティディスク×1)、SATA – 7 (データディスク×6 + パリティディスク×1)
SyncMirror® オプション:(1)RAID-DP+RAID 1 (2)RAID4+RAID1

サポートするディスクシェルフ(FC、SATA)

DS14、DS14mk2 FC、DS14mk4 FC、DS14mk2AT デュアル・パス
DS4243、MPHA(マルチパス高可用性)

サポートするディスクドライブ

FC-91/181/361/721/144/300GB、SATA-250GB、500GB、750GB、1TB
SAS:300GB、450GB、600GB

1 9/18/36/72GBドライブは、現在提供していませんがサポートしています。
2 Protection Manager は以前のBusiness Continuance Option です。
3 Operations Manager は以前のData FabricR Manager (DFM)です。
4 144GB を超えるドライブではRAID6 が推奨構成。
 
システム仕様
FAS6080
FAS6040
  アクティブ/
アクティブ構成
シングル
コントローラ
アクティブ/
アクティブ構成
シングル
コントローラ
最大ローキャパシティ (5)、(6)

2352TB

2352TB

1680TB

1680TB

外部シェルフに増設可能な最大ディスク数

1,176

1,176

840

840

最大FCループ数 (デュアル・アタッチ)

14

14

10

10

FCループあたりの最大ドライブ数 84
最大ボリューム/アグリゲートサイズ 16TB
コントローラーあたりの最大LUN数 2048
ECCメモリ

64GB

32GB

32GB

16GB

不揮発性メモリ

4GB

2GB

1GB

512MB

オンボードGbEポート

12

6

12

6

オンボード4Gb FCポート
(ターゲットもしくはイニシエーター)7

16

8

16

8

5 最大キャパシティは、ドライブの種類、サイズおよび数に基づいて算出されます。
6 最大キャパシティは、十進法を使用して算出しています。(1TB=1012)
7 自動認識ポート:1Gb、2Gb、4Gb
 
I/O拡張
FAS6080
FAS6040
  アクティブ/
アクティブ構成
シングル
コントローラ
アクティブ/
アクティブ構成
シングル
コントローラ
PCI-e 拡張スロット数 10 5 10 5
PCI-x 拡張スロット数 6 3 6 3
オプションのネットワークカード接続数 (最大)
  4ポートGbE TOE(銅線)カード
  4ポートGbE (銅線)カード
  1ポート10GbE TOE(ファイバ) 10GBASE-SRカード
  2ポート10GbE TOE(ファイバ) 10GBASE-SRカード
  2ポートGbE(銅線またはファイバ)カード
  2ポートiSCI (銅線またはファイバ)アダプタ

10
10
4

10

10
6

5
5
2

5

5
3

10
10
4

10

10
6

5
5
2

5

5
3

2ポート 4Gb FCターゲット(SAN)アダプタ(最大)

10

5

10

5

4ポート 4Gb FCディスクアダプタ(最大)

10

5

10

5

2ポート 4Gb FCターゲット(SAN)アダプタ(最大)

8

4

8

4

2 ポート 10 ギガビットイーサネット FCoE(カッパーまたはファイバ)ターゲット(SAN)アダプタ(最大)1

8

4

8

4

2ポート FC、LVD SCSI-テープアダプタ(最大)

6

3

6

3

4 ポート SAS HBA

 

 

 

 

Performance Acceleration Module(PAM)

10

5

8

4

512 GB Flash Cache1
(最大数)

8

4

4

2


11Data ONTAP 7.3.2以降、8.0.1以降が必要です。
 
ストレージシステム
環境仕様
アクティブ/
アクティブ構成
シングル・コントローラ構成
AC 電源/電流(スタンドアロンシステムの線間電圧は、局所出力の配電によって決まります。システムキャビネットは 200 ~ 240 V のみです) 100~120 VAC/11.2A、100 VAC の時、最大 19.4A
200~240 VAC/5.8A、200 VAC の時、最大 9.6A
100~120 VAC/5.6A、100 VAC の時、最大 9.7A
200~240 VAC/2.9A、200 VAC の時、最大 4.8A
発熱量 3740 Btu/hr、1096W (実効) 1870 Btu/hr、548W (実効)
重量 109.6 kg(242 lb) 54.8 kg(121 lb )
高さ 52.8 cm(20.8 インチ)/12U 26.2 cm(10.3 インチ)/6U
19 インチIEC ラック対応(44.53 cm 17.53 インチ)
奥行き 59.7 cm(23.5 インチ)、ケーブル用ブラケット使用時73.8 cm(29.05 インチ)
稼動時温度/湿度 高度3,000 m(10,000 フィート)以下で10~40°C(50~104°F)、相対湿度20~80%、結露なし(湿球温度は28°C)
非動作時の温度/湿度 -40~65°C(-40~149°F)、相対湿度10~95%、結露なし、標準の梱包材を使用のこと
稼動時ノイズ 22゜C で56.5 dBA 以下(通常動作条件、海面位で22°C の場合)
最小キャビネット範囲 カバー 4.7 cm(1.85 インチ)、ケーブル半径 7.6 cm(3 インチ)
最小作業範囲 前面63.5 cm(25 インチ)、背面76 cm(40 インチ)
 
DS14 ディスク・ドライブ・ストレージ増設シェルフの仕様
サポートするディスクシェルフ(FC、SATA) DiskShelf14 ファミリ-DS14 およびDS14mk4 FC、DS14mk2 AT
それぞれFC およびSATA ディスクドライブをサポートする14 のロー・プロファイル・スロット
ディスクドライブ・ストレージシェルフのインターフェイス PCI ベースのFC-AL(Fibre Channel-Arbitrated Loop)
サポートするディスクシェルフの仕様 冗長構成のデュアルESH4 モジュールまたは冗長構成のATA モジュール
電源/冷却ファン 二重冗長化、ホットプラグ対応の電源・ファン一体型ユニット(220V/110V)
AC 電源/最大電流 100~120 VAC/4.52A、200~240 VAC/2.23A
発熱量 1,538 Btu/hr(シェルフ満載時)
稼動時ノイズ 49 dBA 音圧以下(LpA)(通常動作条件、海面位で22°C の場合)
寸法(高さ/幅)
( 奥行き)
3U(13.3 cm、5.25 インチ)/19 インチEIA ラック対応(44.7 cm、17.6 インチ)
50.85cm(20 インチ)
重量 満載時35 kg(77 lb)
 
DS4243 ディスク・ドライブ・ストレージ増設シェルフの仕様
サポートするディスクドライブの種類と容量 SAS 15,000 RPM:300GB、450GB
SATA 7,200 RPM:500GB、1TB
すべてのシェルフは 3.5 インチの SAS または SATA のディスクドライブを 24 台搭載可能です。
ディスクエンクロージャとコントローラ間のインターフェイス シリアル接続の SCSI(SAS)は 3Gb で動作し、PCIe SAS ホスト・バス・アダプタ・カードまたは内蔵 SAS ポートを必要とします。
ディスクエンクロージャの構成 デュアルIOM3(Input/Output モジュール)コントローラモジュール
電源/冷却ファン
冗長構成かつホットプラグ対応の一体型電源/ファンアセンブリ(SATAでは2つ、SASでは4つ必要)11
動作温度 5 ~ 40°C(41 ~ 104°F)
非動作時の温度 1 ~ 50°C(34 ~ 122°F)
相対湿度 20 ~ 80%、結露なし
動作時騒音レベル 6.6B LwA (20°C)
入力電源周波数、Hz(AC) 50 ~ 60
寸法(高さ/幅/奥行き) 4 EIA U(17.8cm(7 インチ))/19 インチ IEC ラック準拠(48.3cm(19 インチ))/61cm(24 インチ)
必要な空間寸法(前面の冷却/背面の冷却および保全/前面の保全) 15.3cm(6 インチ)/30.5cm(12 インチ)/55.9cm(25 インチ)
重量 49.9kg(110 ポンド、ディスク満載時)、24.4kg(53.7 ポンド、ディスクなし)
11ディスクシェルフの詳しい仕様については、http://now.netapp.com/NOW/knowledge/docs/hardware/NetApp/site/guide11.htm#1792411 を参照してください。
 
 
NetAppシステムキャビネット
電源分配器一式(2 系統の 0U 16 A PDU を 2 セット
または0U 24 A PDU を1 セット)
ストレージヘッド×1 +ディスクシェルフ×12、ストレージヘッド×2 +ディスクシェルフ×10、またはディスクシェルフ×14
ストレージヘッド×1 +ディスクシェルフ×10、ストレージヘッド×2 +ディスクシェルフ×6~8、
またはディスクシェルフ×11~14 のいずれかに対応
AC 電源 200~240 VAC
電流 合計32A-NEMA L6-20 またはIEC 309 コネクタまたはAustralia AS/NZS3123-20 付きのデュアル16A ケーブル冗長型×2
合計24A-NEMA L6-30 またはIEC 309 コネクタ付きの冗長型ケーブル×2
寸法(高さ/幅/奥行き) 200cm(78.75 インチ)/60cm(23.6 インチ)/95cm(37.4 インチ)
最小作業範囲 前面/背面 122cm(48 インチ)
梱包時高さ 230cm(90.6 インチ)
重量(非搭載時) 125kg(275lb)
 
準拠規格 NetApp FAS6000 シリーズ ストレージ システム、DiskShelf14
安全、電磁波、イミュニティ 安全: EN 60950、CE、CSA 60950、UL 60950、CB IEC60950-1 (国ごとの違いに対応)、EN60825-1、IRAM、GOST-R、BSMI
電磁波、イミュニティ: FCC Part 15 Class A、ICES-03、CE、MIC、VCCI、AS/NZS CISPR 22、EN55022、EN55024、EN61000-3-2、EN61000-3-3、CoC (南アフリカ)、BSMI
 
サポートするFCおよびFCoEスイッチ
ネットアップではFCスイッチとFCoEスイッチを幅広くサポートしております。ネットアップ経由で入手可能なスイッチの一覧についてはこちらをご覧ください。サポート対象スイッチを全て網羅した一覧については、ネットアップのサポート サイトにあるInteroperability Matrixでご確認ください(当サイトへのアクセスにはログインが必要です)。