この表のデータはすべて、デュアルコントローラ構成のものです。

E2860システム シェルフ
DE460Cディスク シェルフ[1]
E2824システム シェルフ
DE224Cディスク シェルフ
E2812システム シェルフ
DE212Cディスク シェルフ
タイプ オールフラッシュ ストレージ アレイまたはハイブリッド ストレージ アレイ

オールフラッシュ ストレージ アレイまたはハイブリッド ストレージ アレイ

オールフラッシュ ストレージ アレイまたはハイブリッド ストレージ アレイ

フォーム ファクタ

4U、60ドライブ(2.5および3.5インチ)

2U、24ドライブ(2.5インチ)

2U、12ドライブ(3.5および2.5インチSSD)

最大物理容量

600TB(システム シェルフのみを使用した場合)
1.8PB(ディスク シェルフを使用し、
10TBドライブを搭載した場合)

76.8TB(システム シェルフのみを使用した場合)
1.4PB(ディスク シェルフを使用し、
3.2TBおよび10TBドライブを搭載した場合)
120TB(システム シェルフのみを使用した場合)
1.4PB(ディスク シェルフを使用し、
10TBドライブを搭載した場合)
最大ドライブ数[2][3] 180
SSDは最大120ドライブまで
180(シェルフを混在して使用した場合)
SSDは最大120ドライブまで
180(シェルフを混在して使用した場合)
SSDは最大120ドライブまで
サポートするドライブの種類 4TB / 8TB / 10TB NL-SAS
10TB NL-SAS FIPS
900GB / 1.2TB / 1.8TB SAS
1.8TB SAS FIPS
800GB / 1.6TB / 3.2TB SSD
1.6TB SSD FIPS
900GB / 1.2TB / 1.8TB SAS
1.8TB SAS 10,000rpm FIPS
800GB / 1.6TB / 3.2TB SSD
1.6TB SSD FIPS
4/8/10[4]TB NL-SAS
6[5]/10[6]TB NL-SAS FIPS
800GB SSD
1.6TB SSD FIPS
システム メモリ 16GB / 64[7]GB
搭載ホストI/Oポート 16Gb FC×4ポート
10Gb iSCSI(光ファイバ)×4ポート
10Gb iSCSI(カッパー)×4ポート
オプション ホストI/Oポート 16Gb FC×4または8ポート
10Gb iSCSI(光ファイバ)×4または8ポート
10Gb iSCSI(カッパー)×4ポート
12Gb SAS×4または8ポート
オペレーティング システムとシステム管理 SANtricity OS 8.30
SANtricity System Manager 11.30
高可用性機能 アクティブ / アクティブのデュアル コントローラ構成で、I/Oパスの自動フェイルオーバーが可能
自動負荷分散とパス接続監視
Dynamic Disk PoolsテクノロジとRAIDレベル0、1、5、6、10をサポート
冗長化されたホットスワップ対応のストレージ コントローラ、ディスクドライブ、電源装置、ファン
ドライブ障害時に自動リビルド
データ キャッシュのミラーリング、フラッシュ メモリへのバッテリ バックアップ式デステージ
プロアクティブなドライブ健常性監視
99.999%以上の可用性を実現(適切な構成とサービス プランが必要)
ホストのオペレーティング システム Microsoft Windows Server、Red Hat Enterprise Linux、Novell SUSE Linux Enterprise Server、Apple Mac OS、Oracle Solaris、HP、HP-UX、CentOS Linux、Oracle Enterprise Linux、IBM AIX、VMware ESX
搭載ソフトウェア機能 SANtricity Snapshot
SANtricityボリューム コピー
SANtricity同期 / 非同期ミラーリング[8]
SANtricity SSD Cache
UNMAPを使用したSANtricityシンプロビジョニング
Dynamic Disk Poolsテクノロジ
SANtricityのドライブ暗号化機能
システムの機能 T10-PI標準によるデータ保護
ボリュームの動的拡張
容量の動的な拡張と縮小
RAIDレベルの動的変更
セグメント サイズの動的変更
System Event Monitor
NetApp AutoSupportシステム
SANtricity OSとドライブ ファームウェアのオンライン アップグレード
VMware vSphere Storage APIs—Array Integration
Microsoftオフロード データ転送
アプリケーション プラグイン[9] Microsoft System Center Operations Manager用NetApp SANtricity管理パック
VMware vCenter向けNetApp SANtricityプラグイン
NetApp SANtricity VASAプロバイダ
VMware vCenter Site Recovery Manager向けNetApp SANtricity Storage Replication Adapter
Splunk Enterprise向けNetApp SANtricity Performance App
Nagios向けNetApp SANtricityプラグイン
オープン管理 NetApp SANtricity OpenStack Cinder
NetApp SANtricity Webサービス プロキシ(RESTおよびSYMbol Web)
システムの仕様の各種最大値 ホスト:256
ボリューム:512
Snapshotコピー:512
ミラー:32

[1] E2860とDE460Cは2016年12月から提供する予定です。
[2] ディスク シェルフを混在させて構成した場合は、どのモデルでも最大180本のドライブを搭載可能です。
[3] シェルフは最大で4つまで接続可能です。
[4] 10TB NL-SASドライブは2016年9月から提供する予定です。
[5] 6TB NL-SAS FIPSドライブは2016年10月から提供する予定です。
[6] 10TB NL-SAS FIPSドライブは、2016年11月から提供する予定です。
[7] 64GBシステム メモリを使用する場合は、16Gb FCまたは10Gb iSCSI(光ファイバ)の搭載ホストI/Oポートが必要です。


E2860システム シェルフ
DE460Cディスク シェルフ
[10]
E2824システム シェルフ
DE224Cディスク シェルフ
E2812システム シェルフ
DE212Cディスク シェルフ
[11]
高さ 17.46cm(6.87インチ) 8.48cm(3.34インチ) 8.66cm(3.41インチ)
44.86cm(17.66インチ) 48.26cm(19インチ) 48.26cm(19インチ)
奥行 94.23cm(37.09インチ) 48.26cm(19インチ) 53.59cm(21.1インチ)
重量 E2860:113kg(249.1ポンド)
DE460C:112.2kg(247.4ポンド)
27.44kg(60.5ポンド) 28.98kg(63.9ポンド)


E2860システム シェルフ E2824システム シェルフ E2812システム シェルフ
動作時 最大値 動作時 最大値 動作時 最大値
KVA[12] 1.284 1.543 0.503 0.674 0.451 0.568
ワット 1,256 1,537 501.4 673.6 451.3 565.4
BTU 4,297 5,258 1,715 2,303.7 1,543.4 1,933.7

DE460Cディスク シェルフ DE224Cディスク シェルフ DE212Cディスク シェルフ
動作時 最大値 動作時 最大値 動作時 最大値
KVA[13] 1.203 1.466 0.302 0.45 0.25 0.344
ワット 1,174 1,460 298.8 451.9 248.7 343.7
BTU 4,015 4,994 1,022.15 1,545.5 850.55 1,175.5

[8] 同期ミラーリングはFCでのみサポートされています。非同期ミラーリングはFCとiSCSIでサポートされています。
[9] プラグインは、mysupport.netapp.comから無料でダウンロードできます。
[10] E2812、E2824、DE212C、DE224Cの公称電圧範囲は100~240VACです。
[11] E2812とDE212Cの重量と消費電力の数値は6TB / 8TB NL-SASドライブに基づいています。
[12] E2860の公称電圧範囲は200~240VACです。E2812とE2824の公称電圧範囲は100~240VACです。
[13] DE460Cの公称電圧範囲は200~240VACです。DE212CとDE224Cの公称電圧範囲は100~240VACです。