NetApp Eシリーズ製品比較

NetApp Eシリーズ ハイブリッド データ ストレージ システムの各製品を比較しました。アプリケーションベースのストレージの選択にお役立てください。

この表のデータはすべて、デュアルコントローラ構成のものです。E2700の構成はシングル コントローラとデュアル コントローラのどちらも可能です。

特徴E2700
E2700
E5600
e5500.png
最大物理容量1.5PB3.1PB
最大ディスクドライブ数192384
最大持続帯域幅8,000MB/秒12,000MB/秒
最大持続IOPS80,000825,000
フォーム ファクタ2U / 12、2U / 24、4U / 60シェルフ2U / 12、2U / 24、
4U / 60シェルフ
システム メモリ8GBまたは16GB24GBまたは96GB[1]
ホストI/Oインターフェイス オプション12Gb SAS×4または8ポート
16Gb FC×4または8ポート
10Gb iSCSI×4または8ポート(光ファイバ)
10Gb iSCSI×4または8ポート(カッパー)

オプションで、以下のI/Oインターフェイスのいずれかを装備可能

12Gb SAS×8ポート
10Gb iSCSI×8ポート(光ファイバ)[2]
16Gb FC×8ポート[2]
56Gb InfiniBand×4ポート

システムの仕様の各種最大値ホスト:256
ボリューム:512
Snapshotコピー:512
ミラー:32
ホスト:512
ボリューム:2,048
Snapshotコピー:2,048
ミラー:128
ディスク シェルフと
サポート対象のドライブ

4U / 60ドライブ[3]

  • 2TB / 3TB / 4TB / 6TB NL-SAS 7,200rpm FDE対応 / 非対応
  • 8TB NL-SAS 7,200rpm FDE非対応
  • 6TB NL-SAS 7,200rpm FIPS
  • 600GB / 900GB / 1.2TB / 1.8TB SAS 10,000rpm FDE対応 / 非対応
  • 1.8TB SAS 10,000rpm FIPS
  • 400GB / 800GB / 1.6TB / 3.2TB[4]SSD FDE非対応
  • 800GB SSD FDE対応
  • 1.6TB[4] SSD FIPS

2U / 24ドライブ

  • 600GB / 900GB / 1.2TB / 1.8TB SAS 10,000rpm FDE対応 / 非対応
  • 400GB / 800GB / 1.6TB / 3.2TB[4]SSD FDE非対応
  • 1.8TB SAS 10,000rpm FIPS
  • 800GB SSD FDE対応
  • 1.6TB[4] SSD FIPS

2U / 12ドライブ

  • 2TB / 3TB / 4TB / 6TB NL-SAS 7,200rpm FDE対応 / 非対応
  • 8TB NL-SAS 7,200rpm FDE非対応
  • 6TB NL-SAS 7,200rpm FIPS

4U / 60ドライブ[3]

  • 2TB / 3TB / 4TB / 6TB NL-SAS 7,200rpm FDE対応 / 非対応
  • 8TB NL-SAS 7,200rpm FDE非対応
  • 6TB NL-SAS 7,200rpm FIPS
  • 600GB / 900GB / 1.2TB / 1.8TB SAS 10,000rpm FDE対応 / 非対応
  • 1.8TB SAS 10,000rpm FIPS
  • 400GB / 800GB / 1.6TB / 3.2TB[4]SSD FDE非対応
  • 800GB SSD FDE対応
  • 1.6TB[4] SSD FIPS

2U / 24ドライブ

  • 600GB / 900GB / 1.2TB / 1.8TB SAS 10,000rpm FDE対応 / 非対応
  • 400GB / 800GB / 1.6TB / 3.2TB[4]SSD FDE非対応
  • 1.8TB SAS 10,000rpm FIPS
  • 800GB SSD FDE対応
  • 1.6TB[4] SSD FIPS

2U / 12ドライブ

  • 2TB / 3TB / 4TB / 6TB NL-SAS 7,200rpm FDE対応 / 非対応
  • 8TB NL-SAS 7,200rpm FDE非対応
  • 6TB NL-SAS 7,200rpm FIPS

[1] FCまたはiSCSIホストI/Oポートを持つストレージ アレイのみで可能です。
[2] ソフトウェア機能のキーをアップグレードすることで、ホストI/OカードでiSCSIx4ポートおよびFCx4ポートをサポートできます。
[3] 4U / 60シェルフあたり最大25本のSSDドライブを搭載できます。 
[4] 2016年半ばより対応予定です。