ネットアップ ディスク シェルフとストレージ メディアの技術仕様

仕様 DS2246 DS4246[1] DS4486 DS4243[2]
ラック ユニット数 2U 4U 4U 4U
エンクロージャあたりのドライブ数 24 24 48 24
ラック ユニットあたりのドライブ数 12 6 12 6
ドライブのフォーム ファクタ 2.5インチ スモール フォーム ファクタ 3.5インチ ラージ フォーム ファクタ 3.5インチ ラージ フォーム ファクタ 3.5インチ ラージ フォーム ファクタ
ドライブ キャリア シングル ドライブ シングル ドライブ タンデム(デュアル)ドライブ シングル ドライブ
大容量ディスクドライブ 非対応 2TB、3TB、4TB、6TB(7,200rpm) 4TB、6TB(7,200rpm) 2TB、3TB(7,200rpm)
ハイパフォーマンス ディスクドライブ 600GB、900GB、1.2TB(10,000rpm) 非対応 非対応  
自己暗号化ドライブ[3] 900GB(10,000rpm)、800GB SSD、AES-256、FIPS 140-2準拠 4TB(7,200rpm)、AES-256、FIPS 140-2準拠 非対応  
ソリッド ステート ドライブ(フル構成および混在構成シェルフ) 200GB、400GB、800GB、1.6TB、200GB + 900GB、400GB + 1.2TB、 200GB + 2TB、200GB + 4TB、400GB + 2TB、400GB + 4TB、 400GB + 6TB 非対応 非対応
コントローラのサポート FAS2500シリーズ、FAS8000シリーズ、FAS2200シリーズ、FAS/V3200シリーズ[5]、FAS/V6200シリーズ FAS2500シリーズ、FAS8000シリーズ、FAS2200シリーズ、FAS/V3200シリーズ[5]、FAS/V6200シリーズ FAS8000シリーズ、FAS/V3200シリーズ[4]、FAS/V6200シリーズ FAS2500シリーズ、FAS8000シリーズ、FAS2200シリーズ、FAS/V3200シリーズ、FAS/V6200シリーズ
シェルフI/Oモジュール デュアルIOM6モジュール デュアルIOM6モジュール デュアルIOM6モジュール デュアルIOM3モジュール
光ファイバSASのサポート  
電源装置および冷却ファン デュアル構成、ホットプラグ対応の電源装置 / ファン一体型ユニット 冗長構成、ホットプラグ対応の電源装置 / ファン一体型アセンブリ。大容量ディスクドライブとSSDにはデュアル構成電源が必要。 冗長構成、ホットプラグ対応の電源装置 / ファン一体型アセンブリ。 4重構成電源が必要。 冗長構成、ホットプラグ対応の電源装置 / ファン一体型アセンブリ。大容量ディスクドライブとSSDにはデュアル構成電源が必要、ハイパフォーマンス ディスクドライブには4重構成電源が必要。
AC入力電源電圧
(オートレンジ、VRMS)
100~120Vまたは200~240V
AC入力電源周波数 50~60Hz
DC入力電源 なし
重量(満載時) 22.2kg(49lbs) 49.9kg(110lbs) 68kg(150lbs) 49.9kg(110lbs)
寸法 高さ:8.5cm (3.4in.)
幅:48.0cm (19in.)
奥行き:48.4cm (19.1in.)
高さ:17.8cm (7in.)
幅:48.3cm (19in.)
奥行き:61cm (24in.)
高さ:17.8cm (7in.)
幅:48.3cm (19in.)
奥行き:71cm (28in.)
高さ:17.8cm (7in.)
幅:48.3cm (19in.)
奥行き:61cm (24in.)
必要な空間寸法 前面の冷却:15.3cm (6in.)
前面の保全:30.5cm (12in.)
背面の冷却と保全:55.9cm (25in.)
前面の冷却:15.3cm (6in.)
前面の保全:30.5cm (12in.)
背面の冷却と保全:55.9cm (25in.)
前面の冷却:15.3cm (6in.)
前面の保全:30.5cm (12in.)
背面の冷却と保全:91.4cm (36in.)
前面の冷却:15.3cm (6in.)
前面の保全:30.5cm (12in.)
背面の冷却と保全:55.9cm (25in.)
動作時騒音レベル 6.2 Bel LwAd(2PCM) 7.0 Bel LwAd(4PCM)
温度 動作時:10~40°C(50~104°F)
保管時:–40~70°C(-40~158°F)
相対湿度 動作時:20~80%、結露なし
保管時:10~95%、結露なし
高度 動作時:0~3,045m(0~10,000フィート)
保管時:-305~12,192m(-1,000~40,000フィート)

[1] DS4246ディスク シェルフは、大容量ディスク構成と、SSDと大容量ディスクドライブを組み合わせた「混在シェルフ」SSD構成のみをサポートしています。

[2] DS4243ディスク シェルフは、新しく出荷されるシステムにはご利用できません。ただし、増設用スト レージには引き続きご利用可能です。

[3] NSEは、保証レベル認定を受けているドライブ メーカーのドライブで使用できます。 SED(自己暗号化ドライブ)とNetApp® Storage Encryption(NSE)を併用している場合、同じストレージ システム内に非暗号化HDDを混在させることはできません。 SnapLockとMetroClusterは、NSEではサポートされていません。

Data ONTAP®によるサポート
ネットアップ サポート サイトのDisk Drive & Firmware Matrixで、各種ディスクをサポートするData ONTAPのバージョンを公開しています(こちらが最新情報となります)。

光ファイバSAS
ケーブルのタイプ 長さ 接続 コネクタのタイプ
マルチモード アクティブ光ケーブル 1m、2m、3m、5m、15m、30m、50m コントローラからシェルフまたはシェルフからシェルフ QSFPからQSFP
マルチモード ダイレクト ケーブル接続 最長150mまでの任意の長さ コントローラからシェルフまたはシェルフからシェルフ QSFPトランシーバ(MPOコネクタケーブル使用)
マルチモード光ファイバ パッチ パネル接続 5m、30m(ケーブルの最大総長150m) コントローラからシェルフ QSFPトランシーバ(LC、SC、またはMTRJブレークアウトへMPOコネクタ ケーブル使用)
シングル モード光ファイバ パッチ パネル接続[4] 5m、30m(ケーブルの最大総長500m) コントローラからシェルフ QSFPからLC、SC、またはMTRJブレークアウト

[4] MetroCluster™構成が必要