ネットアップ ディスク シェルフとストレージ メディア製品の比較


仕様 DS2246

DS2246
DS4246

DS4246
DS4486

DS4486
DS4243[4]

DS4243
ラック ユニット数 2U 4U 4U 4U
シェルフ エンクロージャあたりのドライブ数 24 24 48 24
サポートするドライブの種類(各ドライブの詳細は、シェルフとメディアの技術仕様ページをご覧ください)
大容量HDD  
ハイパフォーマンスHDD    
自己暗号化HDD[1]    
ウルトラパフォーマンスSSD
(オールSSDおよび混在)[2]

(混在のみ)[2]
   
I/Oモジュール デュアル6Gb/秒 デュアル6Gb/秒 デュアル6Gb/秒 デュアル3Gb/秒
光ファイバSASのサポート
ドライブ キャリア フォーム ファクタ 2.5インチ
スモール フォーム ファクタ
3.5インチ
ラージ フォーム ファクタ
3.5インチ
ラージ フォーム ファクタ
3.5インチ
ラージ フォーム ファクタ
ドライブ キャリア シングル ドライブ シングル ドライブ タンデム ドライブ シングル ドライブ
MetroCluster™[3]のサポート  

[1] 自己暗号化HDDは、AES-256、FIPS 140-2などの基準に準拠。

[2] SSDのみの「オール」SSD構成シェルフ、およびSSDとHDDの「混在」シェルフでFlash Poolを構築することが可能。Flash Poolは、オールSSDシェルフ内のSSDと他のシェルフのHDDを組み合わせた「シェルフツーシェルフ」構成でも構築可能。

[3] MetroClusterの詳細については、Maintain Availability of Vital Business Dataソリューション概要 PDFをご覧ください。

[4]DS4243ディスク シェルフは、新しく出荷されるシステムにはご利用できません。ただし、増設用ストレージには引き続きご利用可能です。