SafeNet StorageSecureは、システムを停止することなく、Ethernet NAS環境でハイパフォーマンスな暗号化を実現します。

SafeNet StorageSecure暗号化アプライアンスは、EthernetベースのNetwork-Attached Storage(NAS)の機密データを保護します。ネットアップとSafeNetは提携を結び、高速な256ビットAES暗号化をベースとした高度な暗号化サービスを提供し、コンポーネントの冗長化とクラスタ フェイルオーバー機能による高い信頼性を実現しています

SafeNet StorageSecure s220(1GbEのネットワーク インターフェイス)とSafeNet StorageSecure s280 (10GbEのネットワーク インターフェイス)には次のような利点があります。

  • 共有環境や仮想環境でデータを確実に分離し、保護されたデータに対するきめ細かなアクセス制御が可能
  • アクセス制御のレイヤを増やし、既存のLDAP、Microsoft Active Directory、NISに対する制御を強化
  • データを保護しコンプライアンス要件に準拠
  • オフラインのアーカイブ データに対する不正アクセスや盗難を防止
  • SafeNet KeySecureとの統合でポリシーとキー マネジメントを一元化

SafeNet StorageSecureは、不正アクセスからクリティカルな機密データを保護する、信頼性に優れたソリューションです。予想外の訴訟に巻き込まれる、責任を追及される、ブランド イメージがダメージを被るといった可能性を減らすことができます。

StorageSecureのデータシートはこちらからダウンロードできます。ネットアップのストレージ セキュリティと統合データ プロテクション ソリューションを使用して大切なデータを保護する方法については、こちらのブログで詳細をご確認ください。