強力でシンプルなエンタープライズ データの暗号化管理を実現します。

ジェムアルトのSafeNet KeySecureは、キー マネジメントを自動化して安全に一元管理を行うシステムで、 多数の暗号化アプライアンスや暗号化エンドポイントで使用するデータの暗号化キーの保管と管理を可能にします。

複数月、複数年にわたって保管するデータでも、長期にわたってキー マネジメントを簡易化し、管理上のエラーやミスの可能性を低減して、セキュリティと総体的な効率を高めることができます。 次のモデルから、セキュリティ要件に最適なモデルをご選択いただけます。

SafeNet KeySecure k460:クラスタ構成のアプライアンスによって高可用性を提供します。 設定情報を即座にレプリケートできるため、地理的に分散したデータセンターに導入して優れたフェイルオーバー機能と耐障害性を実現できます。

SafeNet Virtual KeySecure k150v:クラスタ環境で暗号化キーを保管し、セキュアな管理を実現する仮想アプライアンスで、データセンターやパブリック クラウドに拡張することも可能です。

NetApp® Storage Encryption、SafeNet StorageSecureアプライアンスおよびOASIS KMIP標準と互換性があるため、多数の既存のデータ保護環境をサポートしながら、シンプルなユニファイド キー マネジメント プラットフォームにより、セキュリティ要件の拡大や将来の拡張に備えることができます。

SafeNet KeySecureプラットフォームの詳細については、KeySecureの製品概要をダウンロードしてご確認ください。

ネットアップの統合データ プロテクション ソリューションを使用して大切なデータを保護する方法については、こちらのブログで詳細をご確認ください。