ネットアップの統合ウィルススキャン機能では、マルウェアを徹底的に排除し、ネットアップ ストレージ デバイス上のデータを保護することができます。

ネットアップのストレージデバイスは、業界をリードするベンダーとの提携により、統合ウィルス対策機能をサポートし、お客様のビジネスを保護します。ネットアップのウィルススキャン統合システムは、データが感染する前に悪意のあるウィルスコードを検知し、ストレージネットワークにウィルスが拡散しないように防止します。

Data ONTAP OSに統合されたウィルス対策機能は、AVサーバとの外部接続が可能で、ビジネスクリティカルなデータを既知と未知の脅威から保護します。外部のAVサーバでは、リモートプロシージャコールおよび認証されたCIFS接続を使用します。複数のサーバでネットアップストレージデバイスをサポートするように設定して、冗長性とパフォーマンスを確保することも可能です。

ネットアップの統合データプロテクションソリューションを使用して大切なデータを保護する方法については、こちらのブログで詳細をご確認ください。