ストレージ エリア ネットワーク(SAN)

ネットアップのSANソリューションは、ミッションクリティカルなアプリケーションを支えるデータ ストレージのパフォーマンス、可用性、効率性を高めます。

高パフォーマンスが求められるアプリケーションを運用する企業は、データ利用率を最大限に高め、ストレージのパフォーマンスと可用性を最適化し、重複データを排除しなければなりません。ネットアップのSANソリューションなら、優れたストレージ効率を達成し、同時に、高度なパフォーマンスと可用性を維持することができます。

さらに、ノンストップ オペレーション、優れた効率化、シームレスな拡張を実現するネットアップのclustered Data ONTAP®オペレーティング システムもサポートしています。

また、ストレージ システムの要件が厳しく、高いI/Oや大容量、高速プロビジョニングが求められるサーバ仮想環境にも、こうしたメリットをもたらします。

ネットアップが実現する高度なパフォーマンスと生産性、世界規模のSANエコシステムとパートナーシップから、ネットアップのSANシステムはますます多くのお客様に導入されています。

ネットアップのストレージ ソリューションはプロトコルに依存しないことが最大の利点であるため、FC、FCoE、iSCSI、NFS、CIFSのいずれのプロトコルを使用する場合でも、SANとNASのソリューション全てであらゆるメリットを活用できます。

詳細については、ネットアップのSANbytesブログをご覧になるか、ネットアップのサポート サイトに掲載されているSANストレージ プロトコル関連資料をご覧ください。

ネットアップでは、50%仮想化保証プログラム*を実施しています。仮想環境に保存するデータ量を教えていただければ、ネットアップのソリューションで、ストレージ容量を50%削減する手法をご紹介いたします。