NetApp Fibre Channel Over Ethernet SANソリューション

NetApp Fibre Channel over Ethernet(FCoE)SANソリューションは、パフォーマンスと柔軟性を強化しながら、同時に総コストを削減します。

FCoEがもたらす柔軟性と効率性
FCoEは、ファイバチャネル プロトコルと拡張10ギガビット イーサネット物理トランスポートを組み合わせ、SANの接続性とネットワークのオプションを拡張します。ネットアップは、FCoEを標準サポートするデータ ストレージ システムを最初に提供したベンダーです。

イーサネット ストレージは、データ管理を簡易化し、TCOを削減します。ネットアップのネイティブFCoEおよびFCストレージ システムは、ユニファイド イーサネット インフラへの移行を進めながら、同時にストレージへの投資を保護します。

NetApp Unified Connectによるマルチプロトコル アクセス
NetApp Unified Connectは、独自のユニファイド ターゲット アダプタを使って共有ネットワーク ポートを介して FCoE、iSCSI、NFS、CIFSプロトコルを同時にサポートします。このユニファイド ストレージ方式を採用すれば、将来のどのようなニーズにも対応できるITの基盤として、柔軟性と効率性に優れた共有インフラを今すぐ構築できます。

ネットアップはインフラとネットワークにおいて業界トップクラスのパートナーと協力し、テストと認定を終えたFCoEソリューションを提供して、データインフラの導入を迅速化します。

NetApp FCoE SANソリューションを使ってI/Oを統合し、コストを削減する方法については、こちらをご覧ください。