ファイバチャネルSANソリューション

ネットアップは、優れたパフォーマンス、データ可用性、データ管理に対応する幅広いファイバチャネルSANソリューションを提供しています。

データは毎年50~100%のペースで増加します。高い信頼性を持つネットアップのファイバチャネルSAN(FC SAN)ソリューションは、安定したパフォーマンス、高い可用性、並外れた拡張性、優れた効率性を提供し、急増するデータの管理と保護を容易にします。

世界各国で数万件のFC SAN導入の実績を持ち、業界をリードするネットアップのソリューションは、以下の達成に貢献します。

  • 8ノード構成のSANクラスタで最大23ペタバイトまでパフォーマンスと容量を拡張
  • ネットアップの重複排除と圧縮の機能で仮想マシンのストレージスペースを最大80%効率化
  • NetApp SnapMirror®とSnapVault®テクノロジで自動バックアップとディザスタ リカバリを高速化
  • NetApp Snapshot™とFlexClone®テクノロジでデータ保護を強化し、開発やテストにかかる時間を短縮
  • 先進的な各種ホスト環境との相互運用性
  • プロビジョニングを簡易化し、ストレージの利用率を向上
  • 電力、冷却、およびスペースのコストを削減

NetApp FC SANソリューションは、FC、iSCSI、FCoE、CIFS、NFSなどのユニファイド マルチプロトコル ストレージをサポートします。FC SANソリューションは、データ管理を容易にする広範なホストOSサポートや、ストレージ容量を必要に応じて拡張または縮小するシンプロビジョニング、重複排除、圧縮のテクノロジを特長とします。

ユニファイド ストレージ アーキテクチャが提供するファイバチャネルSANソリューションについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ネットアップ製品の効率性とネットアップの効率化機能を使用してデータセンターを効率化する方法の詳細については、 Taneja Groupが公開している技術検証レポート『NetApp SAN Efficiency』をご覧ください。