ネットワーク接続型ストレージ(NAS)

SMB(CIFS)を標準サポートするネットアップのNASでWindowsファイルサーバを統合

御社では、SMBベースのWindows® ファイルサーバが何台導入されていますか?企業の多くは数百から数千台にのぼるWindowsファイルサーバを導入しているため、環境が複雑化し、保守費用が嵩んでいます。Server Message Block / Common Internet File System(SMB / CIFS)を標準サポートするネットアップのネットワーク接続ストレージ(NAS)を使用すれば、多数のWindowsファイルサーバを統合し、この問題を解決することができます。

ネットアップのNASシステムは、ダウンタイムをほとんど発生することなくWindows環境に統合できます。また、Active Directoryなどの既存の認証サービスに接続できます。

SharePointやSQLなどのアプリケーション、カスタム ワークロード、従来のワークロードにはSMB(CIFS)共有を使用します。

SMB 3.0とNetApp clustered Data ONTAP®ソフトウェアを活用すると、Microsoft Hyper-V環境の拡張性と管理性を改善できます。

また、BranchCacheを利用することで、リモート オフィスでのファイルのダウンロード時間を短縮し、生産性を高めることができます。

ネットアップは、ウイルス対策、クォータ管理、セキュリティの認定ソリューションにも対応しており、包括的な統合しやすいソリューションを提供します。

Windowsファイルサーバ環境の評価と統合を、ネットアップがお手伝いします。ストレージ利用率を向上し、ファイルのバックアップを高速化し、時間とコストを削減しませんか?