NetApp SnapVaultディスクツーディスク バックアップ ソフトウェアは、データをブロック レベルで高速保護するシンプルなソリューションです。

NetApp® SnapVault®ソフトウェアは、データのバックアップとリカバリを高速化、簡易化します。また、ブロック単位の差分レプリケーションとNetApp Snapshot™コピーを活用し、信頼性に優れた低オーバーヘッドのディスクツーディスク(D2D)バックアップを実現します。

ネットアップの主力D2Dバックアップ ソリューションであるSnapVaultは、ファイル全体を複製するのではなく、前回のバックアップ以降に変更されたデータ ブロックのみを複製することによって、データを効率よく保護します。 重複データの移動や格納を行わないため、結果的にストレージの使用量を削減しながら、頻繁にバックアップを行えるようになります。 SnapVaultのD2Dは、ネットアップのシステム間でバックアップを直接実行するため、インフラやアプライアンスの追加を最小限に抑えることができます。

NetApp SnapVaultソフトウェアなら、従来の概念をくつがえすバックアップ手法によって、増大するデータや仮想データにシンプルに対応できます。また、テラバイトからペタバイト級に及ぶデータを合理的に管理することが可能です。 SnapVaultバックアップ ソリューションを、ネットアップの統合データ プロテクション アプローチの一環として活用すると、柔軟で効率的な共有ITインフラを構築できます。

SnapVaultソフトウェアを使用して、ネットアップ データを効率よくD2Dバックアップする方法については、NetApp SnapVaultのデータシートをご覧ください。

アプリケーション対応のSnapshotコピーをディスク間およびディスクとテープ間で作成する方法、カタログ化する方法、管理する方法については、SnapProtectページをご覧ください。