データ保護戦略を拡張、強化

オープン・ストレージ・プラットフォームを高速に、コスト効率よく保護するOpen Systems SnapVault®(OSSV)は、NetApp®のデータ保護戦略を他社製ストレージに拡張して簡易化を図る際に、重要な役割を果たします。

Open Systems SnapVaultは、SnapVaultのブロックレベルの差分バックアップテクノロジを使用しており、異機種混在のストレージ環境で実行されているWindows®、Linux®、UNIX®、SQL Server®、VMware®シ ステムを保護します。OSSVは、変更されたファイル全体ではなく、変更されたデータブロックを移動して、そこからバックアップを作成するため、パフォー マンスを改善できるほか、バックアップの実行回数を増やすことができるため、データ保護の強化も実現できます。また、変更されたブロックのみが保存される ため、必要なストレージ容量も削減できます。

OSSVは、特に、リモートオフィスからのD2Dバックアップを一元化する場合に最適です。