RAID-DP™ は、二重ディスク障害からデータを保護する Data ONTAP® の標準的な機能です。WAFL®(Write Anywhere File Layout)ファイルシステムに統合され、データ保護と高パフォーマンスを実現する機能です。

 

 

RAID-DP は、ダブルパリティ RAID 6 の実装版であり、2 台のドライブで障害が発生した場合でもデータの損失を防ぎます。

RAID-DP では WAFL ファイルシステムとの組み合わせにより、パリティに割り当てられたドライブがパフォーマンスのボトルネックになることはありません。データ保護と同時に、最も負荷が高いアプリケーションに求められるパフォーマンスを得ることができます。

また、RAID-DP の保護により、エンタープライズストレージに SATA ディスクを採用することもできるようになります。データ損失を懸念することなく、安価な SATA を使用して、ストレージの導入コストを抑えることができます。

RAID-DP を使用して、信頼の高いストレージ基盤を構築することができます。詳細については、RAID-DP™:Network Appliance™ の RAID Double Parity の実装によるデータ保護をご参照ください。