NetApp FlexVolテクノロジを使用すると、仮想ボリュームを作成し、物理ストレージに関係なく管理や移動を行えます。

NetApp® FlexVol®によるストレージ仮想化テクノロジは、常に変化するストレージ要件にも素早く対応します。FlexVolを使用すれば、オーバーヘッドを削減し、設備投資を回避し、システム停止やリスクを減らすことができます。FlexVolテクノロジでは物理ストレージが仮想ストレージ プールに集約されるため、アプリケーション要件の変化に応じて仮想ボリュームを作成し、サイズを変更することが可能です。この仮想ボリュームは、シンプロビジョニングにもシック プロビジョニングにも利用可能です。

FlexVolをシンプロビジョニングに使用すと、既存のストレージ利用率が2倍にまで高まり、ディスク スペースのコストを削減できます。また、ストレージ効率の向上に加えて、ディスクドライブ全体にボリュームが分散されるため、I/Oパフォーマンスを向上させ、ボトルネックを減らすことも可能です。