NetApp FlexCacheソフトウェアを使用すれば、大量の読み取り処理を要するワークロードのパフォーマンスをスケールアウトし、リモートからのデータ アクセスを高速化できます。

NetApp® FlexCache®ソフトウェアを導入すれば、大量の読み取り処理を要するワークロードのストレージ パフォーマンスをスケールアウトできます。 ボリューム全体やファイル全体ではなく、アクセスされたデータのみをキャッシュすることで、次のことが可能になります。

  • 大きな負荷がかかっているプライマリ ボリュームをクラスタ全体でキャッシュすることで、クラスタ内の複数ノードにわたる複数クライアントにも対応可能となり、読み取り処理が集中するアプリケーションのパフォーマンス ボトルネックが解消
  • ピーク時に合わせたプロビジョニングが不要になることで、ストレージ効率とコスト効率が向上
  • ホット データセットがクラスタ内のどの場所にあっても、映像レンダリング、チップ設計、地殻解析、金融市場シミュレーションなど、大量の計算処理を要するアプリケーションのキャッシュを作成して提供可能

FlexCacheソフトウェアは、NFS v3 / 4またはSMB 1.0 / 2.0 / 3.0を使用している、clustered Data ONTAP® OS搭載の既存のFAS システムやVシリーズ システムに追加できます。

FlexCacheのリモート キャッシング*機能を使用すれば、ファイル配信を簡易化して、WANのレイテンシを軽減し、WAN帯域幅にかかるコストを削減できます。 複数サイトでの製品開発や、ブランチ オフィスから社内のデータセットへのアクセスが可能になります。

FlexCacheは、ビジネスをシンプルにし、加速させます。詳細については、FlexCacheのデータシート(PDF)をご覧ください。

*リモート サイトでのボリューム キャッシングに使用するFlexCacheストレージ システムは、Data ONTAP 8以降の7-Modeを実行し、NFS v3プロトコルを使用している必要があります。別の7-Modeシステムまたはclustered Data ONTAPシステムのボリュームをキャッシングできます。