Data ONTAP® Edgeは、VMware® vSphere®プラットフォーム上の仮想マシンで実行できるリモート オフィス向けの低コストなストレージ ソリューションです。NetApp FASストレージやVシリーズ ストレージを補完するシステムとして、専用のネットアップ ストレージ システムを導入できない環境に、エンタープライズクラスのデータ管理と保護を提供します。

Data ONTAP Edgeを利用すると、御社のエンタープライズ サーバとVMware vSphereプラットフォームを併用して、サーバ1台でデータセンターを構築でき、ブランチ オフィスから共有ITインフラをフル活用できます。機能面での妥協は一切必要ありません。Data ONTAP Edgeがあれば、Data ONTAPと同レベルの効率性や柔軟性をデータセンターで実現できます。

Data ONTAP Edgeは、サーバの内部ディスクドライブを柔軟性の高いストレージ プラットフォームへと変換するため、通常の専用ネットアップ ストレージ システムと同様のメリットが数多く得られます。Data ONTAP Edgeには、データ重複排除機能を標準搭載したNetApp Data ONTAP-v™オペレーティング システムと、FlexClone®、SnapVault®、SnapRestore®ソフトウェアが含まれています。メイン サイトのネットアップ ストレージ システムを活用してリモート サイトのデータをバックアップおよびアーカイブすれば、法規制要件に準拠し、データ損失を防ぐことができます。

ビジネスには統合的なデータ保護が欠かせません。Data ONTAP Edgeなら、メイン サイトとの接続が永続的に維持されるため、リカバリしたいデータにいつでもアクセスできます。ブランチ オフィスのデータのリカバリが必要になった場合は、SnapRestoreソフトウェアがローカルのSnapshot™コピーを使用して、容量やファイル数にかかわらず、ファイルシステムやデータボリューム全体を数秒でリカバリできます。

詳細は、Data ONTAP Edgeのデータシート PDFをご覧ください。