ストレージ プロセスを自動化しませんか?OnCommand Workflow Automationを使用すれば、ワンクリックで実行可能なセルフサービス機能やクラウド サービスを提供できるようになります。

定型化可能な手動のストレージ管理プロセスを自動化し、組織の生産性を高めませんか?OnCommand® Workflow Automationを使用すれば、さまざまなストレージ ワークフローを構築してカスタマイズを行い、実運用に向けて公開することができます。

次のことが可能です。

  • データベース ストレージやファイル ストレージのプロビジョニング、クローニング、データ移行、運用停止
  • 新しい仮想環境(ストレージ スイッチやストレージ データストアを含む)のセットアップ
  • 特定のアプリケーションの要件に合わせて仮想ストレージやクラウド ストレージをセットアップし、エンドツーエンドのオーケストレーション プロセスを実現
  • FlexPod®をセットアップして、仮想デスクトップを実現
  • ストレージのクローニングを実施
  • 単一画面から、NetApp® SnapManager®ソフトウェアを起動
  • セルフサービス機能、ストレージ サービス PDFなどを実現し、新たな標準サービスや独自設計のストレージ サービスを迅速に提供
  • Software-Defined Storage(SDS)を導入して、自社のSoftware-Defined Data Center(SDCC)を構築

OnCommand Workflow Automationを使用すると、ワンクリックでの自動化を実現し、VMware® PDF、Oracle®、Microsoft®、SAP®、Citrixなどの各種アプリケーションを素早く導入できます。OnCommand Workflow Automationなら、ベストプラクティスを活用してストレージ管理コストを削減することができます。