ストレージ管理のベストプラクティスを活用して、ストレージ プロセスを効率よく自動化しませんか?ネットアップのワークフロー自動化ソフトウェアを使用すれば、主要なアプリケーションの要件に応じてストレージを素早くプロビジョニングできます。

 

エラーを招きやすく時間のかかるストレージ管理作業を自動化しませんか?NetApp Workflow Automationを使用すれば、さまざまなストレージ ワークフローを構築してカスタマイズやテストを行い、実運用に向けて公開することができます。具体的な使用例は以下をご覧ください。

  • データベース ストレージやファイル ストレージのプロビジョニング、データ移行、運用終了
  • 新しい仮想環境(ストレージ スイッチやストレージ データストアを含む)のセットアップ
  • 特定のアプリケーションの要件に合わせてストレージをセットアップし、エンドツーエンドの統合管理を実現
  • FlexPod ソフトウェアや仮想デスクトップのセットアップ、ストレージのクローニング、NetApp® SnapManager®ソフトウェア環境の一元管理が可能

NetApp Workflow Automationを使用すると、ストレージ管理者は各種アプリケーション(VMware®、Oracle®、Microsoft®、SAP®、 Citrixなど)の要件に合わせてネットアップ ストレージを素早く簡単にプロビジョニングできるようになります。NetApp Workflow Automationなら、ベストプラクティスを活用してストレージ管理コストを削減することができます。

詳細についてはNetApp Workflow Automationをご覧ください。また、Workflow Automationのコミュニティへのご参加や、ネットアップ営業担当者へのお問い合わせも随時受け付けております。