VMware 環境のバックアップ/リストア、災害復旧作業の管理を簡易化し、生産性を向上。

仮想化によって実現するメリットは多々ありますが、利用率の低い複数のサーバを統合して 1 台のシステム上で仮想マシンとして実行できるという特性もそのひとつです。スペースの節約や、消費電力や冷却コストの削減を実現し、少ないマシンでより多 くの作業を実行できます。また、このように利用率が向上したサーバ群では、バックアップエージェントを実行するサイクルが不要になるというメリットもあり ます。NetApp® のソリューションでは、バックアップをストレージシステム上で実行できるため、アプリケーションを実行するサーバをさらに有効に活用できます。

SnapManager® for Virtual Infrastructure は VMware vCenter と連携し、バックアップとリストアの管理の自動化と簡易化を実現します。使いやすい管理ツールも用意されており、VMware 管理者はこのツールを使用してアプリケーションと連携したデータを取得し、仮想マシンのバックアップを作成することができます。さらに、データストア、仮 想マシン、仮想ディスクや、ゲスト OS 内の個々のファイルを瞬時にリカバリすることも可能です。

災害復旧作業の向上:SnapManager for Virtual Infrastructure を使用すると、バックアップの完了時に SnapMirror® アップデートを起動させることができます。これにより、最新のバックアップデータをセカンダリサイトに保管することができます。

SnapManager により仮想インフラを自動化し、VMware 管理者を支援する方法(PDF)をご覧ください。