NetApp Virtual Storage Console for VMware vSphere

エンドツーエンドの管理から複雑さを排除し、ネットアップ ストレージ環境とVMware仮想環境のパフォーマンスを向上します。

NetApp® Virtual Storage Console(VSC)for VMware® vSphereは、統合されたエンドツーエンドの仮想ストレージ管理機能をVMwareインフラに提供します。 VSCでは、ネットアップのテクノロジを活用して、VMware vCenterからネットアップ ストレージの運用を一元管理します。これは、SANベースおよびNASベース両方のVMware仮想サーバ / デスクトップ インフラで有効です。

VSCを使うと、VMware vSphere API for Storage Awareness(VASA)ProviderをNetApp clustered Data ONTAP®と連携させて、VMware仮想ボリュームを詳細に管理できます。 VASA Providerは、仮想ボリュームを動的にプロビジョニングし、ストレージを詳細に管理し、運用をシンプルなものにします。

また、Snapshotコピー、クローン、ノンストップ オペレーションによるデータ移動など、業界をリードするStorage Efficiency機能やデータ管理機能を活用して仮想インフラを合理化できます。

VSCは、ストレージ環境とサーバ環境の統合を強化し、 仮想ストレージの管理を大幅に簡易化します。 また、仮想ストレージ環境から最適なパフォーマンスを引き出せるようにサポートします。

Virtual Storage Console for VMware vSphereでストレージ管理のコストと複雑さを軽減する方法について、詳しくはこちら PDFをご覧ください。
NetApp clustered Data ONTAPでのVMware仮想ボリュームについて、詳しくはこちら PDFをご覧ください。
VSCおよびVASAは、サポートサイトのダウンロード ページで無償でダウンロードできます。