SnapManager for Microsoft SharePoint Server

NetApp® SnapManager® for Microsoft SharePoint Serverは、ストレージのコストを削減して拡張性を向上させ、Microsoft® SharePoint® Server 2010環境のデータ管理を合理化します。

NetApp® SnapManager® for SharePoint®ソフトウェアなら、拡大するMicrosoft SharePoint Server環境を企業全体で監視し、管理できます。 また、NetApp clustered Data ONTAP®を使用すれば、ストレージの運用を中断することなく定期的なメンテナンスとアップグレードが行えます。 SnapManager for SharePointは、AvePoint® DocAve®ソフトウェアと緊密に統合されているため、SharePointストレージ全体の管理と監視に加えてガバナンス ポリシーの実装にも対応する、統合型のプラットフォームを導入できます。

SnapManagerでは、Microsoft SQL Server®の外部にあるCommon Internet File System(CIFS)共有 / Server Message Block(SMB)共有にファイルを移行し、保存することが簡単にできるため、大規模なSharePoint 2007 / 2010環境でも優れた拡張性を実現できます。

SnapManagerは、ブラウザベースのユーザ インターフェイスを備えており、データ バックアップのプロセスや、その他の管理機能を自動化できます。そのため、SharePoint Serverデータを数秒でバックアップしたり、 ローカルバック アップかリモート バックアップかを問わず、さまざまな単位(ファーム全体、サイト コレクション、サイト、サブサイト、ドキュメント、ドキュメントのバージョンなど)のSharePointデータを、すべて数分でリカバリすることができ ます。さらに、Nintex Workflow、FAST Content SSA、FAST Search Serverファーム、FAST証明書の自動バックアップや自動リストアも可能です。

SnapManagerなら、信頼性の高いディザスタ リカバリ(災害復旧)プランを実装することもできます。SnapMirror®と組み合わせれば、SharePoint Serverデータのリモート レプリケーションを簡易化して、災害時に短時間でリカバリできます。

詳細については、SnapManager for SharePoint Server をご覧ください。