Microsoft仮想化環境のバックアップ、リストア、ディザスタ リカバリにかかる時間を短縮します。

仮想化が数多くのメリットをもたらしている理由の1つは、利用率の低い複数のサーバを統合し、単一のシステ ム上で仮想マシンとして実行する手法にあります。その結果、消費電力、冷却コスト、設置面積を削減し、少ないマシンでより多くの業務を遂行することが可能 になります。その一方で、利用率が向上したサーバにバックアップ エージェントを実行するためのリソースが残っていないケースは少なくありません。ネットアップのソリューションを利用すれば、ホスト サーバからストレージ システムへバックアップをオフロードすることで、こうしたボトルネックを解消できます。

SnapManager® for Hyper-V™は、ネットアップ ストレージがホストするMicrosoft Windows Server® 2008 R2 Hyper-V環境においてバックアップ操作とリストア操作を自動化し、簡易化します。この使いやすい管理ツールを使用して、ネットアップの Snapshotテクノロジとレプリケーション テクノロジによる、アプリケーションと連携したバックアップの取得、および低コストでのディザスタ リカバリを Microsoft 仮想化環境全体で行うことができます。

ディザスタ リカバリをさらに拡張することも可能です。SnapManager for Hyper-Vは、バックアップの完了時にSnapMirror®更新を起動できるため、最新のバックアップ複製をセカンダリ サイトに自動でレプリケートできます。

Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V環境のデータをシンプルに自動で保護するSnapManager for Hyper-Vの詳細をご覧ください。