NetApp SnapDrive® for Windowsソフトウェアを使用すれば、Windows®の物理 / 仮想環境におけるストレージとデータの管理を自動化できます。ストレージの迅速な拡張や、高速バックアップ / リストアが可能になるだけでなく、可用性も向上します。

ネットアップのストレージ ソリューションは特定のプロトコルに依存しません。そのため、時間がかかりエラーの発生しやすい手動管理が不要になります。ストレージのプロビジョニング タスクを自動化し、エラーのないシンプルなプロセスで、ホストと整合のとれたSnapshotコピーを作成します。物理環境でも仮想環境でも、 WindowsベースのホストでSnapDriveを実行することで、Microsoft Cluster Server(Wndows Failover Cluster)に統合できます。また、ストレージを必要に応じて追加できるため、予測に基づいてストレージ リソースを事前に割り当てる必要がなくなります。

SnapDriveの主なメリット:

  • データへの継続的なアクセスが可能
  • サーバ管理者自身によるデータ管理が実現
  • プロビジョニングの自動化によって作業を効率化
  • NetApp clustered Data ONTAP®の高度な機能を活用
  • ファイルシステムやアプリケーションと整合性のある高速バックアップ / リカバリが容易に実行できるため、データの信頼性が向上

NetApp SnapDrive for Windowsの詳細については、SnapDriveのコミュニティにご参加いただくか、ネットアップの営業担当にお問い合わせください。