NetApp® Provisioning Manager は、ポリシーベースの自動化によって、単一のコンソールから NetApp SAN および NAS インフラ全体のプロビジョニングし、プロビジョニングワークフローの高速化と、容量利用率の大幅な向上を実現します。

Provisioning Manager を使用すると、新しい NetApp ストレージリソースを迅速に作成したり、既存のストレージリソースの容量管理を改善することができます。ストレージ管理者は、Provisioning Manager が備えるポリシーベースの自動化を使用して、繰り返し実行可能な自動化されたプロビジョニングプロセスを作成することで、データの可用性を改善し、プロビ ジョニング対象のストレージをポリシーに準拠させることができます。これらのプロセスは、手動でストレージをプロビジョニングするよりも高速で、スクリプ トを保守するよりも簡単で、正しく構成されていないストレージが原因でデータが失われるリスクを最小限に抑えることができます。

Provisioning Manager は、ユーザの定義したポリシーを適用して、各プロビジョニングアクティビティに常に適切なリソースが選択されるようにします。これにより、管理者は、プロ ビジョニング用に利用可能な容量を探す必要がなくなり、より戦略的な問題に専念することができます。また、一元化された管理コンソールを使用して、プロビ ジョニングされたストレージリソースの状態を監視できます。

Provisioning Manager は、ビジネスの即応性と容量の利用率を改善し、プロビジョニングの時間を短縮し、管理者の生産性を向上させます。Provisioning Manager のシンプロビジョニングおよび重複排除機能を活用することによって、NetApp ストレージ資産から高いストレージ効率性が引き出されます。これにより、さらに多くのデータを、より効率的に保管し、ビジネスの即応性を向上させることが できるようになります。