データ保護設定の自動化

Protection Manager のポリシーベース管理機能、グローバルな監視機能、レポート作成機能によって、データ保護処理を自動化できます。

データ保護の管理は複雑で時間がかかりがちです。ほとんどのツールでは、データ保護環境を包括的に分かりやすく表示することができません。しかも、ストレージリソースを効果的にプロビジョニングし、活用することを困難にしています。

Protection Manager は、一般的なデータ保護タスクをシンプルにし、Snapshot、 SnapMirror、 SnapManager、 SnapVault、 Open Systems SnapVault の処理の管理を自動化することができます。ストレージのプロビジョニングは自動化され、グローバルなポリシーベースの管理、監視、警告が可能になります。

Protection Manager によって、データ保護ポリシーを企業全体で定義、適用、更新することが容易になります。これにより、労力が最小限に抑えられ、管理のオーバーヘッドは削減 し、ベストプラクティスやサービス・レベル・アグリーメントをグローバルに満たすことができます。

シンプルな画面で、保護されていないデータ、警告、利用率など、包括的なデータ保護情報を表示し、一目で確認できます。

Protection Manager の自動化機能には、シンプロビジョニング、重複排除機能、NetApp® Snapshot が融合されており、ブロックレベルのインクリメンタルテクノロジを活用して、ストレージの設置面積を削減し、管理効率を向上させることができます。