データ ストレージの使用状況を把握して効果的に容量管理を行い、新しく購入するストレージ リソースと時期を計画できます。

データ ストレージを購入する際は、推測ではなく、実際の使用状況とビジネス ニーズに基づいて決定する必要があります。NetApp® OnCommand® Insightは容量管理レポート機能を備えており、ストレージ リソースの割り当てや容量の消費のトレンド分析と消費予測に関する情報を提供します。

OnCommand Insightには関連するデータ ストレージやコンピューティング、スイッチの情報が集約され、データ ウェアハウスに格納されるため、エンタープライズ レポートを柔軟に作成できます。

OnCommand Insightによる容量管理には、以下のメリットがあります。

  • ストレージの使用状況や利用率に関する正確なレポートで、キャパシティ プランニングを簡易化
  • リソースの割り当てが適正に行われるように、ビジネス ユニットやデータセンター、テナント別に割り当て状況を監査
  • ストレージ リソースの使用者と使用場所を可視化することで、コスト意識を高めて、ストレージのチャージバックを可能に

OnCommand Insight Planでは、サービス階層情報がほぼリアルタイムに提供されるため、アプリケーションのプロビジョニングが容易になり、容量確保による競合やシステム停止を最小限に抑えられます。データ ストレージ ニーズをより正確に反映したプランニングが行えるようになり、設備投資を削減できます。

OnCommand Insightは、効果的なキャパシティ プランニングを可能にし、統合プロジェクトを促進するソフトウェアで、最高責任者クラスのニーズに応えるレポート作成機能を備えています。詳細については、以下のリソースをご参照ください。