バックアップとリカバリ

エンタープライズクラスの継続的なデータ保護によって、ネットアップ製品間や異機種混在環境のデータの安全性を保証します。

ネットアップのバックアップとリカバリのソリューションは、重要なデータの保護に最適です。 バックアップ時間を短縮し、データ リカバリの機能を向上させ、インフラ、テープ、管理にかかるコストを削減することで運用効率を高めます。

バックアップは、ネットアップのシステム間で直接実行されるため、インフラやアプライアンスの追加を最小限に抑えることができます。 また、ネットアップの先進のSnapshotコピーへのフェイルオーバー機能を使用して、アプリケーションの可用性を向上します。 さらに、FlexCloneテクノロジにより開発やテストにSnapshotコピーを活用することもできます。

バックアップでは、新しいブロック、もしくは変更のあったブロックのみを転送します。 そのため、バックアップ ウィンドウを短縮し、ネットワーク トラフィックを最小限に抑え、必要なディスク容量を最大90%削減することができます。 冗長データを移動や格納の対象から外すことができるので、ストレージの設置面積を削減しながらも、バックアップの頻度を増やすことができます。

ネットアップのデータ保護ソフトウェアなら、重複排除などのStorage Efficiencyテクノロジを活用して、容量の要件を最大80%削減できます。 継続的なデータ保護機能が組み込まれているため、可用性を最大限に引き出し、ビジネスクリティカルなオブジェクト ストアやコンテンツ管理アプリケーションのリスクを最小限にとどめることができます。

ネットアップのオンプレミス型バックアップおよびアーカイブについては、以下をご覧ください。

  • Snapshotソフトウェア:アプリケーションを稼働したまま、データを瞬時にコピーできるポイントインタイム コピー テクノロジ
  • SnapRestore:保管されているSnapshotコピーを使用して、ファイルシステム全体またはデータ ボリュームのリカバリを数秒で実行
  • SnapVault®ソフトウェア:レプリケーションベースのディスクツーディスク(D2D)バックアップ コア テクノロジ(NetApp FASシステム用)
  • SnapCenterおよびSnapManager®ソフトウェア:アプリケーションに統合されたエンタープライズ データ保護とクローン管理
  • Eシリーズ:コスト効率と信頼性を兼ね備えた異機種混在ストレージ環境向け高速バックアップ ストレージ