NetApp.com
Element OS

SolidFire Element OS

大規模データの管理を簡易化および自動化

Element OSがもたらす即応性

ストレージ環境を簡易化のアイコン

拡張性

ストレージ インフラをオンデマンドで拡張でき、容量やパフォーマンスを数年単位で予測する必要がなくなります。

データシートを見る
Predict

予測

すべてのワークロードでパフォーマンスが保証されるため、アプリケーションのSLAを常に満たすことができます。

ホワイト ペーパーを読む
Automate

自動化

複雑なストレージ タスクを自動化し、緊密に統合された管理を実現します。保守ではなくイノベーションに集中できます。

データシートを見る
Protect

保護

組み込みのレプリケーション機能とシームレスなデータ ファブリック統合により、クロスプラットフォームのディザスタ リカバリを実現し、障害からデータを保護します。

ソリューション概要を見る

主なユース ケース

簡易化 & 自動化

本番環境向けクラウド インフラのニーズに対応して構築されたストレージにより、セルフサービス型のITを実現してビジネスを加速できます。

詳細はこちら

クラウドとホスティングのインフラ構築

ホスティング サービスとマネージド サービスの差別化を図ることで、サービスとプラットフォームの収益性を向上できます。さらに、顧客満足度も高めることができます。

詳細はこちら

DevOpsによる高速化

DevOpsは、プログラム可能な最新インフラの管理に対するアプローチの主流へと進化してきています。変革への一歩として、ストレージのあらゆる作業を自動化してみませんか?

詳細はこちら

柔軟な導入

次世代データセンターに移行すると、ストレージ インフラ消費の選択肢がかつてないほど広がります。各種SolidFire導入モデルで、Element OSの魅力的な機能を導入できます。

オールフラッシュ アレイ

ノードベースのWebスケール ソリューションで、次世代データセンターを容易に導入できます。

詳細はこちら

容量ベースのライセンス

ソフトウェアのみの購入なら、サプライ チェーン、システムの統合、サポートに関する複雑な手続きのいずれも不要。コスト、柔軟性の両面で大きなメリットが得られます。

詳細はこちら

NetApp HCI

保証されたパフォーマンスで複数のワークロードを統合して、ストレージとコンピューティングのリソースを簡単に個別管理できます。

詳細はこちら

FlexPod SF

ネットアップとCiscoが提供する検証済みソリューションで、ITのコストとリスクを軽減しながら、ストレージ消費を簡易化できます。

詳細はこちら

多様なビジネス メリット

インターフェイスのアイコン

独立したリソース

リソース利用率を十分に制御できるように、容量やパフォーマンスの独立したプールを割り当て、管理します。

データの即応性のアイコン

比類のない即応性

データの移行やI/Oの中断を伴わずに、絶えず変化するニーズに臨機応変に対応できます。

データ削減のアイコン

データ削減

データセンターの設置面積を縮小し、運用コストを削減します。常時稼働のデータ削減により、リソースを最大限に活用できます。

拡張性のアイコン

データ保護

運用上のオーバーヘッドとリスクを削減します。Element OSは、耐障害性を備えた自己回復型アーキテクチャにより、セキュア マルチテナンシーを提供します。