NetApp.com
ハイパーコンバージド インフラ(HCI)のバナー

NetApp HCI

エンタープライズ規模のハイパーコンバージド インフラで将来に備える

今すぐチェック

主なユースケース

将来のニーズにも対応できるインフラ

エンタープライズ クラウド

ハイパーコンバージド インフラで、セルフサービスによるプライベート クラウド インフラの導入を円滑化できます。

ストレージ オートメーションのアイコン

Webインフラ

拡張性に優れ、簡単に自動化できるハイパーコンバージド ソリューションを導入して、Webに関する厳しいニーズにも対応できます。

削減の画像

ワークロードの統合

1つのハイパーコンバージド インフラ ソリューションを導入すれば、複数のアプリケーションを保証されたパフォーマンスで運用できます。

モデルと仕様

ベストプラクティスに基づいて種類やサイズの異なるノードを組み合わせることができます
最小構成(4RU):シャーシ2台(コンピューティング ノード×2、ストレージ ノード×4、拡張スロット×2)

  HCI Front Bezel HCI Front Bezel HCI Front Bezel
仕様を印刷 print 小規模 中規模 大規模
主な仕様 - ストレージ ノード
ストレージ ノード H300S H500S H700S
ラック ユニット数 1RU、ハーフ幅
SSD 480GB×6 960GB×6 1.92TB×6
ブロックの実効容量[1] 5.5~11TB 11~22TB 22~44TB
ノードあたりのパフォーマンス 50,000 IOPS 50,000 IOPS 100,000 IOPS
ストレージOS NetApp SolidFire Element OS 10.0
標準のネットワーキング性能 10 / 25GbE(SFP 28)×2[2]
1GbE RJ45×2
(オプション)アウトオブバンド管理 1GbE RJ45×1
さらに表示 表示を減らす arrow-down
主な仕様 - コンピューティング ノード
主な仕様 - コンピューティング ノード H300E H500E H700E
ラック ユニット数 1RU、ハーフ幅
CPU Intel E5-2620v4、8コア、2.1GHz×2 Intel E5-2650v4、12コア、2.2GHz×2 Intel E5-2695v4、18コア、2.1GHz×2
VM用のコア数 16 24 36
メモリ 384 GB 512 GB 768 GB
ハイパーバイザー VMware vSphere 6.0
標準のネットワーキング性能 10 / 25GbE(SFP 28)×4[2]
1GbE RJ45×2​
(オプション)アウトオブバンド管理 1GbE RJ45×1
さらに表示 表示を減らす arrow-down
消費電力と寸法(シャーシあたり)
ラック ユニット数 2 RU
HCIノード 各シャーシにHCI 4ノードを自由に組み合わせ可能
電源入力 220~240VAC
1+1の冗長性[3]
電源装置あたりの最大電力 / 電流 2,200W / 220~240V / 12~11A
ノードの物理的寸法

高さ:39.20mm / 1.54インチ

幅:196.25mm / 7.73インチ

奥行き:587.55mm / 23.13インチ

重量:約3.60kg / 8.0ポンド

シャーシの物理的寸法

高さ:8.80 cm / 3.46インチ

8.80 cm / 3.46 in H

幅:44.70cm / 17.60インチ

奥行き:73.00 cm / 28.74インチ

重量:約24.70kg / 54.45ポンド

さらに表示 表示を減らす arrow-down
システム環境仕様
動作時の温度、高度、および相対湿度

1高度914.40m(3,000フィート)以下で10~35°C(50~95°F)、温度定格は304.80m(1,000フィート)につき1°C低下、


相対湿度8~90%、結露なし

非動作時の温度

-40~70°C(-40~158°F)

 

 

動作時の振動 0.4GRMS、ランダム振動5~200Hz(60分/軸)。0.25G、正弦波振動5~200Hz(15分/軸)
保管時の振動 0.98GRMS、ランダム振動5~500Hz(30分/軸)。0.5G、正弦波振動5~200Hz(15分/軸)
動作時の衝撃 20G、2.5ms、正弦半波、各面に対して衝撃1回
保管時の衝撃 20G、10ms、矩形波、各面に対して衝撃1回
熱放散

実効(BTU/時) - 小規模:2,730、中規模:3,412、大規模:4,129

最大時(BTU/時) - 小規模:3,856、中規模:4,982、大規模:6,142

認証 FCC、UL、IEC 60950-1、CE、VCCI、KCC、SABS LOA(南アフリカ)、BSMI、SONCAP、KEBS、KSA、TBS、UNGS
さらに表示 表示を減らす arrow-down
  1. NetApp HCIの実効容量の計算には、Helixのデータ保護、システム オーバーヘッド、全体的な効率性(圧縮、重複排除、シンプロビジョニングなど)が考慮されています。2. SolidFireのお客様は一般的に、アプリケーション ワークロードに応じて、使用可能な容量の5~10倍の実効容量を使用しています。
  2. ケーブルとトランシーバは含まれません
  3. 一部の構成では100~120Vがサポートされます

多様なビジネス メリット

Guarantee Pictogram

パフォーマンス保証

あらゆるアプリケーションを安心して運用できます。

ストレージの柔軟性のアイコン

柔軟性と拡張性

ニーズに応じた拡張が可能です。

ストレージの自動化のアイコン

インフラの自動化

IT運用を変革、強化できます。

Data Fabric Pictogram

ネットアップ データ ファブリック

データの持つパワーを引き出し、優れた競争力を新たに獲得できます。

パートナー ソリューション

ロールベース構成のアイコン

エンドユーザ コンピューティング

NetApp HCIとVMware Horizonを組み合わせることで導入を高速化し、ユーザの満足度を高め、拡張を簡易化できます。

詳細はこちら
クラウド バックアップのアイコン

バックアップとリカバリ

実績のあるVeeamとCommvaultのソリューションを活用して、NetApp HCIで実行されるアプリケーションを保護できます。

詳細はこちら
ビッグデータ分析のアイコン

データベース

NetApp HCIでMicrosoft SQL ServerとMongoDBを運用することで、従来のアプリケーションと次世代アプリケーションのどちらのデータベースのニーズもサポートできます。

詳細はこちら