Accenture

Accentureは、経営コンサルティング、テクノロジサービス、アウトソーシングを行うグローバル企業で、120カ国以上に顧客を抱えています。 卓越した実績、あらゆる業界とビジネス機能への総合的な対応力、そして世界の成功企業に関する幅広い調査力に裏打ちされた同社は、顧客企業や政府機関との協力関係を通じて、業績向上に貢献しています。

AccentureとNetAppは、共同イニシアチブの一環としてNetApp®のイノベーションと、Accentureの業界やビジネスプロセスに関する専門知識を組み合わせ、革新的なソリューションをスピーディーかつシンプルにお客様に提供しています。 この共同イニシアチブにより、SAP、Oracle、Microsoftといったビジネスクリティカルなアプリケーションをはじめ、ストレージ管理の導入と運用、デスクトップ仮想化、クラウドの導入、データセンターの最適化 / 変革といったプロジェクトの成果を高める事前構成済みのソリューションが実現しました。 この柔軟性と効率性に優れたソリューションによって、IT企業は変化に素早く対応し、ITとビジネスの新たなニーズを予測することができます。

両社の共同プロジェクトと、販売中のソリューションについては、以下でご紹介しています。ぜひご覧ください。

Avanade

Avanadeは、Microsoft®プラットフォームを利用している企業を対象に、収益増加支援を行うグローバルITコンサルティング企業です。Avanadeの実績あるMicrosoft製品拡張ソリューションは、収益の増加、コスト削減、技術革新への再投資を支援することで、企業の競争力を高めます。AccentureとMicrosoftのジョイントベンチャーであるAvanadeは、AccentureのコンサルティングとMicrosoftのテクノロジについての専門知識という両社の強みを1つの企業に統合するために設立されました.

NetAppとAvanadeのパートナーシップは2005年に始まりました。このとき以来、AvanadeはホワイトペーパーなどのAvanade刊行物を通して、 NetApp®テクノロジを支持し続けています。Avanadeはテストラボや顧客の成功によって、顧客に対してMicrosoft AvanadeとNetAppテクノロジの完全な成功事例を示すことができます.

Computer Sciences Corporation

CSCは、テクノロジ対応のビジネスソリューションやサービスの提供において、世界をリードする企業です。 バージニア州フォールズチャーチに本社を置くCSCは、約91,000人の従業員を擁し、収益は2011年4月1日までの12カ月間で160億ドルと報告されています。

ネットアップは2001年以来、大手ITサービスプロバイダであり大切なお客様でもあるCSCのビジネスパートナーとなっています。 CSCはネットアップとの提携関係を通じて、仮想化、ERPといったアプリケーション向けのIPストレージ・ソリューションなど、多くのストレージ導入でネットアップ独自の価値をビジネスにもたらしてきました。

CSCは、グローバル・アライアンス・パートナーのCitrix、Microsoft、ネットアップとともに、CSC Dynamic Desktopというマネージドサービスを提供しています。このサービスでは、従来のデスクトップに加えて仮想デスクトップも、企業全体のユーザに素早く安全に、そしてコスト効率よく提供することができます。

HCL Technologies

 

HCL Technologiesは、業界をリードするグローバルなITサービス企業です。顧客のビジネスのあり方を根本から見直し、画期的なスタイルを提案することで、そのビジネスを支援しています。 同社は、設立以来、価値創出と技術革新に重点を置いた「トランスフォーメーショナル アウトソーシング」に注力し、ソフトウェア主導のITソリューション、リモート インフラ管理、エンジニアリングおよびR&Dサービス、BPOなどの統合的なサービス ポートフォリオを提供してきました。 また、世界中に広がるオフショア インフラと31カ国の拠点をつなぐネットワークを活用し、金融サービス、製造業、コンシューマー サービス、公共事業、ヘルスケアといった主要産業において包括的なマルチ サービスも展開しています。 同社の誇りである理念、「従業員第一、顧客第二主義(Employees First, Customers Second)」は、革新をもたらす従業員の能力を十分に引き出すことで、顧客が本当に必要とする付加価値を創出することを目的としたものです。

アライアンスおよびプロダクト管理チームは、HCL IPとネットアップ アーキテクチャを基盤に独自のサービスを開発し、メディア企業やエンターテイメント企業を対象にFlexPod™やStorageGRID®、デジタル ファイル管理(HCL IP)などを提案することで、新たな需要を生み出しています。

HP Enterprise Services

 

HP Enterprise Servicesは、全世界の顧客にビジネスパフォーマンスを向上させるための幅広いビジネスおよびテクノロジ・ソリューションのポートフォリオを提供しています。ポートフォリオの中核となるのは、情報テクノロジ、アプリケーションとビジネス・プロセス・サービス、および情報とテクノロジ転換サービスです.

NetAppにとって価値あるパートナーの1社であるHP Enterprise Servicesはその世界的規模、深い専門知識、幅広いIT能力と、NetApp®が有するストレージ効率化のためのテクノロジを組み合わせ、HP Enterprise Servicesとその顧客に、革新的なコスト削減、導入時間の短縮、市場投入期間の短縮をもたらしています.

HP Enterprise Servicesは現在、全世界で700以上のNetAppシステムを管理しており、これはストレージ容量に換算すると7 PB以上にあたります。アプリケーションには、ミッションクリティカルなデータベース、ホステッドSAP®、ウェブホスティング、Exchangeサービス、ホームディレクトリ、VMware® SAN環境、NetApp Vシリーズゲートウェイ、およびリモートのバックアップとリカバリサービスが含まれます.

2009年9月23日に、EDSはHP Enterprise Servicesに統合されました.

HP Enterprise Servicesについては、h10134.www1.hp.com/news/features/5855 を参照してください.

その他の資料

IBM Global Services

 

IBM System Storage Nシリーズの製品およびソリューション

2005年4月6日に、IBMとNetAppは、OEM(Original Equipment Manufacturing)契約を発表しました。また、このほど両社はこの戦略的パートナーシップを2011年まで延長しました。この契約に基づき、IBMは、NetApp® FASシリーズ製品をIBM Nシリーズとして提供し、NetAppソフトウェアポートフォリオのほとんどを提供します。IBMの主要なWindows対応テクノロジおよびサーバテクノロジをNetAppの業界をリードするストレージ・ソリューションと組み合わせることにより、データセンターのストレージの効率性および仮想化ソリューションを推進しようとするお客様に、優れた価値提案を提供します。

IBM Nシリーズのソリューションを使用すると、リスクの最小化を図りながら、ダイナミック・インフラストラクチャの高いパフォーマンスと拡張性を利用でき、業務の合理化を実現できます。Nシリーズのソリューションは、データセンターで実証された製品、技術およびパートナーを適切に組み合わせることで、ROIを最大化すると同時に、最もクリティカルなITの課題や業務上の課題を解決することができます。

NetAppとIBM Global Servicesとのアライアンスにより、業界をリードする NetAppのエンタープライズ・ストレージに、ワールドクラスのコンサルティング・サービスが加わり、実績ある包括的なソリューションが実現しました。IBM Global Servicesは、NetAppのユニファイド・ストレージ・ソリューションを取り巻く広範囲な IT サービスを提供します。

その他の資料

Infosys

Infosys Limited(NASDAQ:INFY)は、1981年に従業員7名、資本金250ドルで設立されました。現在同社は、ITおよびコンサルティング業界における「次世代」の世界的リーダーであり、売上げは66億400万ドルに達しています(2012会計年度、第2四半期を基準とする直近12カ月)。

Infosysは、Forbes Global 2000企業に対して、テクノロジに対応するビジネス ソリューションを定義、設計、提供しています。またInfosysは、ネットアップの得意分野とビジネスに関する専門知識、業界をリードするテクノロジ プロバイダとの戦略的アライアンスを活用して幅広いサービスも提供しています。

同社が提供するサービスは、ビジネスとテクノロジのコンサルティング、アプリケーション サービス、システム統合、プロダクト エンジニアリング、カスタム ソフトウェア開発、メンテナンス、リエンジニアリング、独立したテストおよび検証サービス、ITインフラ サービス、ビジネス プロセス アウトソーシングなど多岐にわたります。

Infosysはネットアップとの提携により、プライベート クラウドやパブリック クラウド内で大量のデータを処理する、スケーラブルなソリューションを提供しています。また、ネットアップと密接に連携して、膨大なデータを扱う業界に革新的なソリューションも提供しています。

TCS

 

Tata Consultancy Services(TCS)は、グローバルビジネス企業に比類ない確実な成果をもたらすITサービス、ビジネスソリューション、およびアウトソーシングを提供しています。TCSは独自のGlobal Network Delivery Model™(グローバル・ネットワーク・デリバリ・モデル)を通じて、コンサルティング主導のITおよびIT 対応サービスの統合ポートフォリオを提供しており、優れたソフトウェア開発のベンチマークとして評価されています.

NetAppのグローバル・システム・インテグレータとして、TCSはその世界的な規模、広範なビジネスドメインと技術に関する専門知識とともに、NetApp®テクノロジと革新的なサービスを活用して、お客様のニーズを理解し、投資回収率(ROI)の最大化を支援しています。NetAppとTCSは個別のIT / ビジネス上の課題に対応する共同ソリューションと参照アーキテクチャを展開しています.

共同ソリューションの分野には次のようなものがあります:

  • データセンター・トランスフォーメーション
  • Microsoft® Exchangeとアプリケーション
  • SAP®アプリケーション
  • 仮想化

両社の最新のコラボレーション・イニシアチブは次のとおりです.

  • NetApp-TCS Center of Excellence (CoE):NetApp-TCS CoEは、TCSストレージCoEの拡張という位置付けで、業界をリードするTCSとNetAppのソリューションを開発、提示する場として機能している重要な共同投資です。
  • グローバルオンサイト研修プログラム:TCSのチェンナイ・デリバリ・センターで実施されているこのプログラムは、NetAppソリューションに熟達したエンジニアチームをさらに充実させ、NetAppソリューションにおけるお客様の投資を最適化することを目的としています.

その他の資料

プレスリリース:

Wipro Technologies

Wipro Limited社(NYSE:WIT)のグローバルIT事業部門であるWipro Technologiesは、IT、コンサルティング、アウトソーシングの実績あるプロバイダとして、顧客のビジネスを改善するソリューションを提供し、60億ドルの売上を誇っています。Wipro Technologiesは、業界における豊富な経験と、多角的な視野でビジネスを変革する「Business through Technology」アプローチによって、顧客企業を成功に導き、変化する環境への対応力をもたらしています。

Wiproとネットアップがパートナーシップを結んだことにより、Wiproの業界における経験と各分野における強みに、ネットアップの強力な製品ポートフォリオを活かした、非常に魅力的なビジネスバリューを提供できるようになりました。両社は、ビジネスにさらなる付加価値をもたらし、情報資産から最大限の利益を引き出し、製品化サイクルを短縮し、革新的なソリューションをお届けします。

両社は、テクノロジの動向を早期に察知し、ネットアップ独自のコア テクノロジをベースにソリューションを共同開発し、強力なソリューション セット、方法論、サービスを構築します。ソリューション セットとコンセプト実証(POC)により、優れたサービスを提供することで、地域、業種、事業内容を問わず、新しいお客様の関心を集め、さらに、既存のお客様との関係もいっそう深まるものと思われます。

Wiproとネットアップは、FlexPodを基盤とするクラウド アプリケーション / インフラ ソリューション、ストレージのバックアップと管理、ビッグデータ アナリティクス、デスクトップ仮想化、ビデオ監視システム、アプリケーション ホスティングなどの分野において、変革をもたらすソリューションや知的財産の開発に投資していく予定です。