Innovation Award - 各部門の説明

各部門の説明

Pioneer(パイオニア)、Go Beyond(フロント ランナー)、Visionary Leadership(ビジョナリー リーダー)の部門ごとに1社(1名)が表彰されます。上記の部門に加え、すべての部門の上位に選ばれた企業や個人は、特別賞であるInnovator of the Year部門の候補となります。米国の公共部門から1機関(1名)、南北アメリカ、APAC、EMEAの3地域からそれぞれ1社(1名)が選出されます。

  • Pioneer:ITを競争力ある資産へと変革することでビジネスの成長を推進し、またその成長に機敏に対応している革新的な中堅企業(従業員数100~1,000人)のお客様が対象です。同時に、少ないリソースで大きな成果を達成し、コスト効率に優れたIT運用を実現されていることも条件となります。こうしたお客様は、TCOの削減と即応性の向上で自社の製品やサービスに革新をもたらし、競合他社に先駆けて製品を市場に投入し、新規市場を開拓してビジネス チャンスをとらえています。
  • Go Beyond:クラウド サービスの革新性に着目して現状打開に取り組んでいるお客様が対象です。プライベート クラウド、パブリック クラウド、ハイブリッド クラウドを効果的に活用して、サービス提供の迅速化と効率アップを実現し、コストがかさんでいたITを成長と成功の原動力へと変貌させているお客様を表彰します。
  • Visionary Leadership(Game Changers):組織やビジネスとITとの間に立ちはだかる障壁を打破し、技術革新を成功の原動力へと変貌させた個人を表彰するものです。クラスタリングやフラッシュなどのイノベーションを取り入れ、より大きな成果を短時間で達成している方が対象です。組織の内外から高く評価され、真のイノベイターとみなされている個人を表彰します。