表彰プログラムの審査基準

社外の審査委員会が部門ごとに応募書類を審査し、10点満点で採点します。 審査は主にビジネスへの影響度と革新性の2つの分野について行われます。 審査員の合計点数によって受賞者が決まります。 審査員は、次の審査基準に従って採点します

  • ビジネスへの影響度:生産性は向上したか。 ビジネスプロセスが改善されたか。 ネットアップ製品の導入によって、ビジネス上の問題が解決されたか。 この結果、新しいベストプラクティスが確立されたか。 業務が合理化されたか
  • ビジネス上の成果:ビジネス上重要な利益が明確にもたらされたか
  • 革新性:その導入内容は革新的か、またはネットアップ ソリューションの導入によって画期的な結果が得られたか

2015年度NetApp Innovation Awardsの審査員

Mark Peters氏
Enterprise Strategy Group, Inc. プラクティス ディレクター兼シニア アナリスト

Mark Peters氏は、ESGのプラクティス マネージャー兼シニア アナリストです。ストレージ システムの分野を担当しており、特に、ブロック ストレージ システム、ユニファイド ストレージ システム、仮想ストレージ、ソリッドステート ストレージ(全種)、「Software-Defined Storage」に代表される先端テクノロジに精通しています。また、データ ストレージ業界において25年以上のキャリアがあり、営業、マーケティング、製品管理、ビジネス開発、カスタマー・インティマシー(顧客との関係構築)といった分野の上級管理者として、米国にとどまらず国際的に活躍してきました。

ESGへの入社前には、ストレージとITに特化した企業広告コンサルタント会社を自ら設立し、経営していました。また、Xerox、Memorex-Telex、StorageTek、Sun Microsystems、某新興ソフトウェア会社に勤務した経験があり、ハイテク コマースの分野でさまざまなキャリアを築いています。

Peters氏は英国出身で、オックスフォード大学の修士号を取得しており、1997年以降はコロラドを拠点に活動しています。

Vorto Consulting、社長兼共同設立者
Deborah Perry Piscione氏

Deborah Perry Piscione氏はイノベーション プロセス エキスパートであり、シリコンバレーで活躍するベテランの事業家です。また、New York Timesのベストセラー リストに掲載された 書籍の著者でもあります。Piscione氏はシリコンバレーに拠点を置くブティック コンサルティング ファーム、Vorto Consultingの社長兼共同設立者です。Vorto Consultingは企業のイノベーションと事業拡大を支援する会社で、イノベーション プロセスと人材育成を専門としています。Piscione氏とその同僚は、Fortune 500企業を対象に、顧客特有のニーズに合わせたコンサルティングや、イノベーションをテーマに掲げた短期集中トレーニングを提供しています。

Piscione氏は、New York Timesのベストセラー リストに掲載された書籍『The Risk Factor: Why Every Organization Needs Big Bets, Bold Characters and the Occasional Spectacular Failure』(2015年1月)と、『Secrets of Silicon Valley: What Everyone Else Can Learn From the Innovation Capital of the World(シリコンバレー最強の仕組み:人も企業も、なぜありえないスピードで成長するのか?)』(2013年、Palgrave Macmillan)の著者として知られています。

インターネット起業家、役員会顧問、全米で著名な演説家としての顔も持ち合わせている一方、米国連邦議会とホワイト ハウスの職員としての経歴があるPiscione氏は、CNN、CNBC、MSNBC、ABC、NBC、Fox News、PBS、NPRの番組で10年以上にわたりメディア コメンテーターを務め、その活躍は、New York Times、Wall Street Journal、Economist、Forbesに取り上げられてきました。

Piscione氏は、2006年にシリコンバレーに移住する前に、ワシントンDCで米国連邦議会とホワイト ハウスの職員として、そしてロビイストとして18年のキャリアを積んでいます。さらに、シリコンバレーのエコシステムや文化、既成概念にとらわれないイノベーション、企業家精神とイノベーションによる地域経済の拡大といったトピックをテーマに、ベストセラー作家、TVやラジオのコメンテーター、演説家、客演講師として活躍しています。

Forbes Media、Insights部門最高責任者
Bruce H Rogers氏

Bruce H.Rogers氏は、Forbes MediaのInsights部門最高責任者です。同氏が統括するInsights部門では、革新的なコンセプトを記載したコンテンツや調査に基づいたコンテンツを作成し、IBM、Google、KPMG、SAP、CIT、Deloitteをはじめとする優良企業の顧客に提供しているほか、Forbes.comのForbes Insightsページ(forbes.com/insights)用コンテンツ チャネルの管理も行っています。Rogers氏はForbesのコラムを執筆しており、ビジネス環境を変革していくソート リーダーの紹介記事を連載しています(www.forbes.com/sites/brucerogers)。

同氏はさらに、Forbes MediaのCMOプロジェクトも担当しており、Forbes.comのForbes CMO Networkセクション(forbes.com/cmo-network)用に作成されるコンテンツや、年に1度開催されるForbes CMO Summitなどのイベントを統括しています。

現職に就く前には最高ブランド責任者を務め、Forbes Mediaの統合マーケティング、ブランド コミュニケーション、調査、販売支援に関する業務全般を担当していました。

Rogers氏はAmazon(http://amzn.to/OETmMz)から発売された『Profitable Brilliance: How Professional Services Firms Become Thought Leaders』や、Amazonで販売中の既刊書『In the Line of Money: Branding Yourself Strategically to the Financial Elite』(http://amzn.to/AuHRN9)の共同執筆者です。