ネットワーク・アプライアンスと Cisco 社が SAN 機能を拡張


2006 年 1 月 30 日 (米国カリフォルニア州サニーベール発) - 高度なネットワーク・ストレージ・ソリューションのリーダーである Network Appliance, Inc.(ネットワーク・アプライアンス社、以下「NetApp® 《ネットアップ》」、NASDAQ:NTAP)は本日、ファブリック・スイッチ「Cisco® MDS 9020シリーズ」がネットアップのストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)ソリューションに対応し、ネットアップから購入可能になったことを発表しました。Cisco MDS 9020は、ネットアップのSANストレージに導入しやすく管理も容易なので、ストレージ統合やデータ管理に対する費用効果の高いソリューションで、中小企業に最適です。

ネットアップのSANソリューションは、Cisco MDS 9020と組み合わせることで、Microsoft® Windows® 、SUN™ Solaris™ 、HP/UX、IBM AIX、Novell NetWare、Linux® などのプラットフォームで、非常に優れたパフォーマンス、堅牢性、使いやすさを発揮します。Cisco MDS 9020は、20ポートの自動検知型ファイバチャネル SAN スイッチで、Cisco MDS 9000ファミリおよびネットアップのストレージアプライアンスの全製品群と互換性があります。この特長によって、投資を保護しながら、組織やニーズの成長に合わせたSANを導入・拡張することができます。

ネットアップ プロダクト・アンド・パートナー担当バイスプレジデント、
パトリック・ロジャースのコメント:

「ネットアップと Cisco 社は、データセンター向けの SAN ソリューションを共同開発しており、その品揃えの充実を図っています。ネットアップ社の SAN ストレージ・ソリューションは、Cisco MDS 9020 によって、コスト、パフォーマンス、大企業クラスの機能性という 3 つの要素をバランスよく発揮することができます」。

Cisco 社製品管理・データセンターおよびストレージ技術グループのシニアディレクタ、エド・チャプマン氏のコメント:
「Cisco と弊社は、中小企業向け SAN ストレージ・ソリューションを共同で提供しています。このソリューションは、データ・ストレージ環境の統合と管理の改善に必要な柔軟性と拡張性を備え、導入も簡単です」。

ネットアップでは SAN の設計・実装サービスも提供しています。これは、既存の IT 環境へのストレージ・システム(NetApp FC SAN あるいは NetApp IP SAN)の統合に当たって、詳細な設計書の作成や、きめ細かい実装計画に沿ったシステムの構成や実行をサポートするサービスです。SAN の導入をスムーズに効率よく進めるこのサービスによって、製品の機能が持つ革新技術の威力が十分に発揮されます。また、システム全体の稼働率も向上し、統合時のシステム停止もほとんどありません。ネットアップ社の各種サービスに関する詳細は www.netapp.com/support(英語) をご覧ください。

ネットワーク・アプライアンスについて
ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)社は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージ・ソリューションを提供するリーダー・ベンダーです。1992年の創立以来、ネットアップ社は、「シンプル」なデータ管理を実現するテクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。 ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については www-jp.netapp.comをご覧ください。


NetAppはNetwork Appliance, Inc. の登録商標であり、Network Applianceは、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。