ネットワーク・アプライアンス社、Spinnaker Networks社の買収を完了

2004 年 2月 18 日(米国カリフォルニア州サニーベール発) - Network Appliance, Inc.(ネットワーク・アプライアンス社、以下「NetApp《ネットアップ》社」、NASDAQ: NTAP)は本日、米国ベンシルバニア州ピッツバーグに本社を置く非公開企業Spinnaker Networks, Inc.(Spinnaker Networks社)の買収を完了したことを発表しました。2003年11月4日に発表した最終合意に基づき、ネットアップ社はSpinnaker Networks社の全株式を約3億ドルで買収し、Spinnaker Networks社はネットワーク・アプライアンス社のエンジニアリング部門の一部として運営されることになります。

この買収によって、ネットアップ社は新たなソフトウェア技術を取得し、同社のビジネス・モデルをより確固たるものにすると共に、エンタープライズ・ストレージ・システムの拡張性、簡易性、および総所有コスト(TCO)におけるリーダーシップをさらに強化していきます。また、NetApp® 「Storage Grid(ストレージ・グリッド)」アーキテクチャの展開が加速化され、顧客は既存のストレージおよびデータ・インフラストラクチャをより有効に活用することができます。

「ネットアップ社とSpinnaker Networks社のシナジー効果により、「ストレージ・グリッド」アーキテクチャをより迅速に市場に投入していくことが可能になり、我々の競争力やリーダーシップは確固たるものとなるでしょう。」とネットアップ社CEOのダン・ウォーメンホーヴェンは述べています。「顧客からネットワーク・ストレージへの需要が高まる中、両社の強みをフル活用することで、密接に統合したアプリケーション、卓越したデータ保護、より効率的なデータ・リソースの管理を可能にする拡張性の高い次世代ソリューションを提供することができます」。

Spinnaker Networks社の前社長兼CEOおよび共同設立者であるRon Bianchini氏は、ネットアップ社のスピン・オペレーティング・システム・アンド・ゲートウェイ・ビジネスのバイスプレジデント・アンド・ゼネラル・マネージャに就任し、ピッツバーグにある同社の技術センターを引き続き率いることになります。

ネットアップ社について
ネットアップ 社は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージ・ソリューションを提供するリーダー・ベンダーです。1992 年の創立以来、ネットアップ社は、ストレージの進化を推進するために、テクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については、www.netapp.com および www-jp.netapp.com をご覧ください。

# # #


1995 年米国私募証券訴訟改革法における「セーフ・ハーバー」条項
買収効果により「ストレージ・グリッド」アーキテクチャを迅速に市場投入できるというメリットについての記述は、1995年米国私募証券訴訟改革法に定められた範囲内での予測に基づく記述です。予測に基づく記述には、ネットアップ社における将来を見越した出来事または財務業績に関するいかなる記述も含み、リスクまたは不確実性を伴います。これらの記述を判断するにあたり、読者は記述内容と実際の出来事や結果が実質的に異なる原因となり得るさまざまな要因を考慮に入れる必要があります。この要因には、統合製品アーキテクチャへの技術統合、製品アーキテクチャに対する顧客の支持、競争の激化などが無制限に含まれます。その他、ネットアップ社が米国証券取引委員会に定期的に提出しているレポートやドキュメント(最新の10-Kおよび10-Qを含む)に記載されている重要な要因も含まれます。

NetAppは、米国およびその他の国におけるNetwork Appliance, Inc.の登録商標であり、Network ApplianceおよびThe evolution of storageは、米国およびその他の国におけるNetwork Appliance, Inc.の商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。 # # #



本リリースについてのお問い合わせ先

日本ネットワーク・アプライアンス株式会社
担当: 三原
Te: 03-5251-3747


(広報代行) 株式会社プラップジャパン 金子、石山
TEL : 03-3486-6868  FAX:03-3486-7502