ネットワーク・アプライアンス社、エンタープライズ・データ保護製品を拡充


2003年12月02日(米国カリフォルニア州サニーベール発) - エンタープライズ・ネットワーク・ストレージ・ソリューションの大手プロバイダであるNetwork Appliance, Inc.(ネットワーク・アプライアンス社、以下「NetApp®《ネットアップ》社」、NASDAQ: NTAP)は本日、ディスク−ディスク バックアップ、コンプライアンス、レファレンス、アーカイブや「セカンダリ」データといったニーズに対応するATAディスクベース・エンタープライズ・ストレージ・ソリューションを発表しました。新しいストレージ・システムNetApp® NearStore R200と、SnapVaultソフトウェアの機能拡張バージョンSnapVault2.0を組み合わせて使用することにより、貴重なデータの保護、システム・アップタイムの維持、回復に要する時間の大幅な短縮を実現しながら、同時に管理費を削減することができます。

ネットアップ社は約2年前、最初のNearStore製品であるR100を発表し、ディスクベースのセカンダリ・ストレージ市場の先駆けとなりました。R100は、発売以来11PB(ペタバイト)以上が販売され、世界400社以上の顧客に使用されています。NearStoreシステムは、管理とサポートが簡単で既存のITインフラやストレージ・グリッドに組み込みやすい経済的なセカンダリ・ストレージを提供し、顧客に確かなメリットを提供してきました。

SnapVaultは、NearStoreシステムと組み合わせることにより、メインストレージの性能にほとんど影響を与えることなくバックアップ・ストレージ容量とサポート要件を軽減し、数十TB(テラバイト)のオンライン・データをバックアップすることができます。またSnapVaultを利用すると、複数のローカルおよびリモートの異種混合型(マルチベンダー)ストレージ・システムからSnapshot™ コピーを作成し、NearStoreシステムに効率的に保存できます。高速な自動処理により、バックアップ・ウィンドウの必要性が軽減されるとともに、データ回復も瞬時に行われ、管理上の複雑さも大幅に解消されます。それと同時に、異種混合型ストレージおよびコンピュータ環境におけるソリューションの性能も向上することができます。これにより保護データ・リソースの集中化・統合を可能にしてメイン・ストレージのバックアップを劇的に改善し、新しい強力なデータ保護機能で既存ストレージへの投資を最大限に活用できます。

「データの可用性は、企業の生産性、収益性、そして会社としての寿命さえ左右する最も重要な要素です。弊社は、オープンで柔軟なデータ保護ソリューションを業務全体に戦略的に導入したいという顧客のニーズを認識しています」とネットアップ社のマーケティング・シニア・バイスプレジデント、マーク・サントラは述べています。「弊社のデータ保護ソリューションは、異種混合環境で最高のデータ安全性を確保しつつデータ・ストレージ要件を軽減し、データ保護に関する既存の投資を活用します。その結果、顧客企業は、リソースと手間を省きつつより多くのデータ保護タスクを実行することができるので、最高のデータ可用性とスタッフ生産性が実現できます」。

新製品の特徴

NearStore R200

  • 価格志向型アプリケーションや小容量のニーズに応える小型8TBエントリ・ポイント
  • 大規模な導入およびインフラに対応する最大96TBのシステム容量
  • ニアラインの容量をオンデマンドで増加できる柔軟なストレージ容量ポイント
  • SATA/FC-AL変換に対応した14ドライブ・ディスク・シェルフ
  • 320GB ATAディスク・ドライブ
  • 新しいデュアル・パリティRAID-DPによるRAIDグループ耐障害性の向上
RAID-DP
本日ネットアップ社が発表した業界初のRAID-DPテクノロジは、非常に画期的なストレージ保護技術です。障害により複数のディスク・ドライブが損失した場合でも、従来のディスク・ミラーリングを大幅に下回るコストでデータを保護することができます。

*詳細は本日発表のRAID-DPに関するプレスリリースをご参照下さい。

SnapVault
  • オープン・ファイル・バックアップ機能
  • ブロックレベルのインクリメンタルな永久保存用バックアップ
  • Windows®プラットフォームでのレジストリ・バックアップ
  • 対応プラットフォームを拡張:Microsoft® Windows 2003、Linux®、AIX、IRIX、およびSolaris 9に対応
  • Windows 2003でのMicrosoft Volume Shadow Copy Servicesサポート

ネットアップ社について
ネットアップ社は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージ・ソリューションを提供するリーダー・ベンダーです。1992 年の創立以来、ネットアップ社は、ストレージの進化を推進するために、テクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については、www.netapp.com および www-jp.netapp.com をご覧ください。

NetApp は、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の登録商標であり、Network Appliance およびThe evolution of storageは、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。

予測に基づく記述
本プレスリリースには、連邦証券法で定義される「予測に基づく記述」が含まれています。さまざまなリスク要因の結果、実際の結果が予測に基づく記述と大幅に異なる可能性があります。リスク要因には、戦略投資および取得に関連する、閉鎖、統合、リストラクチュアリング、および Spinnaker Networks, Inc.の取得計画の発表によって予想される相乗効果の実現に伴う問題および費用、Network Appliance, Inc.と Spinnaker Networks, Inc.が合併の成立および完了に必要なすべての条件を満たす能力、合併の成立に関連するスケジュール遅延の可能性、一般の経済情勢または市場状況の悪化、IT 消費の停滞または減少、新製品への移行、発表される新製品に対する顧客の評価の不確実性、技術および市場の急速な変化、競合他社に関する要因、戦争またはテロ行為の発生、為替レートの変動、その他 限定的な出来事が含まれ、これに制限されるものではありません。その他、Network Appliance, Inc. が米国証券取引委員会に提出する文書において以前および随時公表された重要な要因も含まれます。予測に基づく記述の発表以降、Network Appliance, Inc.は、予測に基づく記述を更新するいかなる義務も負いません。

# # #



本リリースについてのお問い合わせ先

(広報代行) 株式会社プラップジャパン 清水、石山
TEL : 03-3486-6868  FAX : 03-3486-7502