ネットワーク・アプライアンス社、エントリ・レベルのストレージ・システム 「FAS200シリーズ」を発表

2003年9月23日(米国カリフォルニア州サニーベール発) - Network Appliance, Inc.(ネットワーク・アプライアンス社、以下「NetApp®《ネットアップ》社」、NASDAQ: NTAP)は本日、エントリ・レベルと分散型企業の双方のニーズに対応した、新しい統合ストレージの FAS(ファブリック接続型ストレージ)システム、FAS250、FAS270、および FAS270c(クラスタ構成)を発表しました。この新システムは、信頼性、一元管理、容易なバックアップ、ディザスタ・リカバリ機能、拡張性、保守性など今日のデータ集約型企業に必要不可欠な性能を提供します。参考価格は、約300万円からという魅力的な価格に設定されています。また、新システムは ネットアップ社の全製品に共通する運用の簡易性を備えている上に、CPUなどのコントロール・ユニットを含む全てのコンポーネントが3Uのディスク・シェルフ・ユニットに内蔵されているという特徴があります。これにより、TCO(総所有コスト)を、運用の人的リソースのという観点に加え、ラック効率という観点からも軽減する事が可能となりました。また、データのニーズ変更に応じて NetApp ストレージ・システムの増設や拡張を行う場合も、シームレスなデータの移行が可能です。

「FAS200 シリーズは、エントリ・レベルのエンタープライズ・ストレージ・システムの新しいスタンダードと言えます」と、ネットアップ社のマーケティング・シニア・バイスプレジデントのマーク・サントラは述べています。「お客様はそれぞれのビジネス環境において、データ・センター・クラスのストレージ機能とそれに伴う利点を手ごろな価格で享受することができるようになりました。弊社のエントリ・レベルの FAS システムの登場によって、これまでエンタープライズ・ストレージ・デバイスとして使用されることの多かった汎用サーバの影も薄くなるでしょう。これらのシステムで、さらに高いレベルでお客様のニーズにお応えする、ストレージ・インフラについての新たなベンチマークを設定していきたいと考えています」。

「ネットアップ社は、他社が見過ごしてきたようなストレージの課題に革新技術を取り入れてきた歴史があります」と、ストレージ専門コンサルティング会社の米エンタープライズ・ストレージ・グループSteve Kenniston氏は述べています。「エントリ・レベルから最も需要の多いデータ・センターまで、企業顧客のさまざまな規模に対応した統合ストレージ・プラットフォームを提供することで、ネットアップ社は、それぞれのインフラ全体を網羅し、管理、統合、データ移行、および日常のシステム保守業務を容易にするシームレスなアーキテクチャの実現を推進していくことでしょう」。

製品情報
  • FAS200 シリーズでは、Broadcom 社の SB1250 MIPS プロセッサを採用しています。このプロセッサは、650MHz デュアル・コアを搭載し、オンボードで 10/100/1000 NIC(CU)2 枚、銅線ファイバ・チャネル・テープ・ポートとシリアル・ポートをそれぞれ 1 つ実装しています。MIPS アーキテクチャと低い電力損失により、ごく小さなパッケージにも収容でき、ディスク・シェルフ・ユニットに使用する以外の電源や冷却システムを追加する必要がない、「圧縮ヘッド」のFAS システムが実現しました。このシステムは、ラックマウント型とタワー型のいずれのハードウェア構成にも対応できる、小型の 3U 筺体がベースとなっています。

  • FAS250 と FAS270 は、エントリ・レベルのエンタープライズ・ストレージの信頼性、可用性、拡張性の面で新たな境地を開きました。これらのシステムは、基本的な機能に加え、データ集約型のワークグループ、事業部門および分散型企業のアプリケーションを処理するような高度な機能にも対応するように設計されています。ネットアップ社は、業界で初めてのエントリ・レベル向け SAN/NAS 統合ストレージ・アプライアンスであるこれらのシステムの販売を、10月より開始いたします。

  • FAS250 は、NAS または iSCSI 型 SAN 環境向けに作られた製品で、iSCSI、CIFS、NFS、および HTTP プロトコルに対応しています。FAS250 の圧縮ヘッドでは、36/72/144 GB のファイバ・チャネル・ドライブで最大 1 TB のデータをサポートします。

  • FAS270 は、NAS またはファイバ・チャネル/iSCSI 型 SAN 環境向けに設計されています。FAS250 を超える最大 4 TB のデータ容量があり、オプションとして、単一ボックス内でクラスタリングによる高可用性を実現することも可能です。



FASシリーズでは、ヘッド(またはコントローラ)部分を交換するだけで、最大48TBのストレージへとアップグレードすることが可能です。FAS200 ファミリは大規模なアップグレードやデータの移行を行うことなく、その場で迅速にアップグレードできるため、既存の投資は完全に保護されます。

###

ネットアップ社について
ネットアップ社は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージ・ソリューションを提供するリーダー・ベンダーです。1992 年の創立以来、ネットアップ社は、ストレージの進化を推進するために、テクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については、www.netapp.com および www-jp.netapp.com をご覧ください。

NetApp は、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の登録商標であり、Network Appliance 及びThe evolution of storageは、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の商標です。 # # #



本リリースについてのお問い合わせ先

日本ネットワーク・アプライアンス株式会社
広報担当 横井
TEL:03-5251-3747  FAX:03-5251-3711


(広報代行) 株式会社プラップジャパン 清水、石山
TEL : 03-3486-6868  FAX:03-3486-7502