ネットワーク・アプライアンス社、複数の iSCSI イニシエータを初めてサポート

2003年8月18日(米国カリフォルニア州サニーベール発) - エンタープライズ・ネットワーク・ストレージ・ソリューションの大手プロバイダである Network Appliance, Inc.(ネットワーク・アプライアンス社、「NetApp®《ネットアップ》社」、NASDAQ: NTAP)は、市場における企業IT インフラストラクチャの統合に関するニーズの高まりを受け、現在サポートしている IntelR PRO/1000 T IP ストレージ・アダプタと AdaptecR 7211C および 7211F ホスト・バス・アダプタに加え、Intel ベースのプラットフォームで WindowsR、NovellR NetWareR、LinuxR のネイティブ iSCSI イニシエータを初めて複数サポートすることを発表しました。

このサポートは、既存のネットワーク・インフラを使用して、直接接続型の機器構成内にあるデータをこれまで以上にネットワーク化したいと考える顧客にとって、非常に画期的なものとなっています。これによって、管理がより広範囲にわたり簡便化され、アーキテクチャの柔軟性が向上するといったメリットが得られます。また、iSCSI 開発市場を先導し続ける ネットアップ 社にとっても、今回の発表は大きな意義があり、これにより今後 Novell社の顧客が既存の環境で NetApp® ストレージの利点を享受できるようになります。

「弊社のお客様が、今日のデータ集約型ネットワーク・ストレージ・インフラストラクチャに必要な新しいアプリケーションに対応していく一方、既存の IT 資産からのアップグレードによる利点を得られるよう、今日の主要な OS 上で直ちに実装できるソリューションを提供しています」と、ネットアップ 社マーケティング・シニア・バイスプレジデントの マーク・サントラ は述べています。「iSCSI ソフトウェアのイニシエータは、直接接続型ストレージを使用しているお客様にとって、最も手軽に、最低限のリスクと低いコストでネットワーク・ストレージにアップグレードする好機といえます。ネットアップ 社は iSCSI 市場を牽引することで、お客様により幅広い選択肢と高い柔軟性を提供し、今後も統合ストレージにおいてリーダーシップを示せるよう誠意努力してまいります」。

iSCSI は、IP (Internet Protocol ) ネットワーク上でブロック・レベルのストレージ・トラフィックを伝送するためのストレージ・プロトコルです。この iSCSI を使用することによって、企業は広範に配備しているイーサネット・インフラストラクチャで、ストレージ・リソースを高いコスト効率でネットワーク化および統合することができます。また、分散したサーバ環境でストレージを統合および集中管理したいとお考えのお客様にとって、リーズナブルな SAN ストレージ・ソリューションとなっています。iSCSI は、簡易性、柔軟性、コスト・パフォーマンスが重要な判断要素となる Windows、Novell、Linux サーバ環境において特に効果的です。

NetApp 製品をご利用の顧客には、ライセンスの追加料金なしで NetApp ストレージ・システムにおける iSCSI プロトコルのサポートとともに、Microsoft、Novell、および Linux の iSCSI イニシエータ・ソフトウェア・ソリューションのサポートが提供されるため、部門別あるいは地域別のデータセンター環境でコストをかけずに iSCSI をテストする絶好の機会となります。

Microsoft iSCSI イニシエータ
今日の Microsoft サーバー・アプリケーションのほとんどは、直接接続型ストレージを使用して導入されます。Microsoft 社のネイティブ iSCSI ソフトウェア・イニシエータが使用できれば、簡単かつ経済的にそのデータを統括し、一元管理できます。 Microsoft 社の iSCSI イニシエータ・ソフトウェア・ドライバは、Microsoft WindowsR 2000 クライアントおよびサーバ、Windows XP、最新の Windows Server™ 2003 ファミリ製品に対応しており、同社の Web サイトから無料でダウンロードできます (http://www.microsoft.com/downloads/)。

Novell iSCSI イニシエータ
Novell社の iSCSI ソフトウェア・イニシエータは、NetWare 6.5.1、6.5、6.0 でサポートされており、同社の Web サイトからダウンロードできます(http://www.novell.com)。Novell社のイニシエータは、iSCSI プロトコルを使用して NetWare サーバと TCP/IP ネットワーク上にある iSCSI ストレージとの通信を可能にし、NetWare ストレージの統合を実現します。このイニシエータは、NetWare クラスタもサポートしており、優れた可用性が得られます。

Linux iSCSI イニシエータ
Linux 用 iSCSI ソフトウェア・イニシエータは、SourceForge 開発者向けサイトのオープン・ソース・コミュニティによって開発されたものです。現在では、RedHat や SuSE といった主要 Linux ディストリビュータが、このイニシエータをサポートしています。

ネットアップ社について
ネットアップ社は、今日のデータ集約型企業に対して統合ストレージ・ソリューションを提供するリーダー・ベンダーです。1992 年の創立以来、ネットアップ社は、ストレージの進化を推進するために、テクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットアップ社のソリューションおよびサービスに関する情報については、http://www.netapp.com および http://www-jp.netapp.com をご覧ください。

# # #


NetApp は、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の登録商標であり、Network Appliance 及びThe evolution of storageは、米国およびその他の国における Network Appliance, Inc. の商標です。LinuxはLinus Torvaldsの登録商標です。


本リリースについてのお問い合わせ先
日本ネットワーク・アプライアンス株式会社
広報担当 横井

(広報代行) 株式会社プラップジャパン 清水、石山
Tel:03-3486-6868 / Fax:03- 3486-7502