オラクル社とネットワーク・アプライアンス社、戦略的グローバル・アライアンスを拡大

2003年6月25日(米国カリフォルニア州サニーベール発) - エンタープライズ・ネットワーク・ストレージ・ソリューションの大手プロバイダである Network Appliance, Inc. (ネットワーク・アプライアンス社、以下「NetApp®《ネットアップ》社」、NASDAQ: NTAP)と、エンタープライズ・ソフトウェア企業の世界最大手である Oracle Corp. (オラクル社、NASDAQ: ORCL)は本日、両社の戦略的グローバル・アライアンスを拡大することを発表しました。オラクル社と NetApp 社は、テクノロジの検証、統合、サポート、サービスをはじめとする中核部門でのアライアンスを一層強化していきます。これにより、顧客は統合ソリューションの実装および管理に伴う複雑性を低減し、TCO (総所有コスト)を削減できます。

IDC は最近の調査「Network Appliance and Oracle: Helping Oracle Customers Spend Less and Store More」(NetApp 社提供)で次のように報告しています。「オラクル社と NetApp 社のアライアンスは、顧客のコストを削減して複雑性を排除することに重点を置いています。NetApp® ストレージ・システムを利用することで、Oracle ユーザは共通のストレージ・プラットフォームにデータ・セットを統合し、管理を軽減してコストを削減するソフトウェアツールを利用し、高速バックアップ/リストア機能によってデータを容易に保護し、企業内でデータをより簡単に共有することができます」。このレポートでは、NetApp ストレージ上で Oracle を稼動させることで、低コスト化と簡素化が実現すると同時に、実装に求められる高可用性と拡張性も提供されることが報告されています。

「オラクル社とのアライアンスでは、両社の顧客が将来にわたってビジネスを発展させ、優位性を確立できるよう、今後も取り組んでまいります」と NetApp 社のマーケティング・シニア・バイスプレジデントの Mark Santora は述べています。「オラクル社と NetApp 社は協力して、両社の顧客が NetApp の統合ストレージ・ソリューションと Oracle9i データベース、Oracle Collaboration Suite、Oracle E-Business Suite を導入する際に、シンプルで TCO を低く抑えたソリューションを提供していきます」

オラクル社システム・プラットフォーム・ディビジョン、バイスプレジデントの Dave Dargo 氏は次のように語っています。「両社は、拡張性に優れ、企業からの高可用ニーズを満たす、業界最高水準のソリューションを提供していきます。今日、顧客はより費用効果の高いエンタープライズ・ソリューションの導入を必要としており、これに伴いオラクル社と NetApp 社の強固なアライアンスへのニーズも高まっています」。

投資を強化する戦略的アライアンスの部門

NetApp 社は 2003 年 5 月 28 日、NetApp ストレージ・システム上で稼動する Oracle E-Business Suite Outsourcing によって管理され、企業の成長管理を支援する Oracle E-Business Suite で世界的な注目を集めました。一層の複雑化と、大容量データを統合して異種システムからの情報を受け入れるニーズが高まっていることから、NetApp 社はその IT アプローチを改めて見直し、Oracle E-Business Suite Outsourcing の使用を標準化しました。

オラクル社はアプリケーションとソフトウェアの開発インフラ、グローバル IT およびホスティング・サービスで利用するため、700 TB を超える NetApp ストレージを導入しました。オラクル社は、以降のバージョンの Oracle データベースや Oracle E-Business Suite など、次世代製品の開発およびテストに NetApp ストレージのテクノロジを利用しています。

テクノロジの連携

  • 両社は、FSC PrimePower および Linux 上で稼動する Oracle9i データベースや Oracle9i Real Application Cluster の製品検証、Oracle PartnerNetwork から提供されているその他の製品統合イニシアチブなど、緊密な製品統合を目指して協働しています。
  • NetApp ストレージ上での Oracle E-Business Suite の共同テストとベンチマーク。
  • NetApp 社は、英国アトランタにあるオラクル社の Enterprise Technology Center、およびヴァージニア州レストンにあるオラクル社の iCenter におけるインフラ・ストレージ・プロバイダに選ばれました。これによって、顧客および見込み客は、実働環境におけるオラクル社と Network Appliance™ のソリューションを体験できます。

企業顧客へのサービス

  • NetApp 社と Oracle Consulting は、業界初の CoE (Center of Excellence)を立ち上げ、アーキテクチャとベスト・プラクティス・ソリューションを構築しました。CoE は、オラクル社と NetApp 社のストレージ環境に対応した製品クロス・トレーニング、教育、実装サービスを提供しています。
  • CoE はそのサービスをさらに多様化し、高可用性を実現するサービスや統合を迅速化するサービス、定額実装サービスなどを提供しています。
  • 両社は NetApp ストレージ上で Oracle Collaboration Suite を実行するための計画を策定しました。
  • 両社は最近、グローバルな CTSA (Cooperative Technical Support Agreement)を締結しました。両社はこれに基づいて合同強化チームを配備し、カスタマ・サポートにおける潜在的な問題の早期解決を目指します。
  • オラクル社と NetApp 社は共同の取り組みとして、NetApp の共有ストレージ・モデルを利用し、Oracle Application Server 11.5.9 を拡張しました。これにより、顧客はマルチノード環境において Application Server のコピーを 1 つだけ管理すればよいため、パッチのインストールやその他の管理業務が軽減され、エラーが減少し、コストが削減されます。
  • オラクル社と NetApp 社は共同の取り組みによって、NetApp の Snapshot 機能を利用して Application Server データのバックアップを数時間ではなく数分で作成可能にしました。これは大量のバックアップが必要となる Application Server のアップグレードにおいて特に便利であり、高速バックアップ機能によってダウンタイムが削減され、リスクが低減します。

エリス島財団、サウスウェスト航空、Western Gas をはじめとする数千の顧客が、ミッションクリティカルな Oracle E-Business Suite、Oracle9i Real Application Clusters、Oracle Collaboration Suite ソリューションの実装に NetApp を選択しています。

オラクル社について
オラクル社は世界最大手のエンタープライズ・ソフトウェア開発企業です。オラクル社の詳細については、Web サイト www.oracle.co.jp をご覧ください。

Network Appliance, Inc. について
Network Appliance, Inc. (ネットワーク・アプライアンス社)は、今日のデータ集約型企業に対してオープン・ネットワーク・ストレージ・ソリューションを提供するリーダー・ベンダーです。1992 年の創立以来、ネットワーク・アプライアンス社は、ストレージの進化を推進するために、テクノロジや製品の開発と、パートナー・ソリューションの開拓を行ってきました。

# # #


本リリースについてのお問い合わせ先

Jaime Leigh Le
Network Appliance, Inc.
(408) 822-3761
mailto:jle@netapp.com

日本ネットワーク・アプライアンス株式会社
マーケティング担当 横井
TEL:03-5251-3747  FAX:03-5251-3711

(広報代行) 株式会社プラップジャパン 清水、石山
TEL:03-3486-6868  FAX:03- 3486-7502