日本オラクル、日本ネットワーク・アプライアンスがストレージ分野で提携

2003年4月24日(東京発) - 日本オラクル株式会社(本社:千代田区紀尾井町4-1、代表取締役社長:新宅正明)と日本ネットワーク・アプライアンス株式会&331038;(本社:港区新橋2-5-5、代表取締役社長:鈴木康正)はデータベースとビジネスアプリケーションのストレージ分野における提携に合意いたしました。

日本オラクルと日本ネットワーク・アプライアンスは、米国を始めとした世界の企業システムにおいて1997年に提携をして以来、ストレージ分野におけるデータベースシステムの構築に向けた様々な技術協力をしてまいりました。特に近年ではNAS(Network Attached Storage)を主眼に置き、低コストで信頼性が高く、拡張性に優れたソリューションの提案をするための開発協業を推進しています。これまでの緊密な関係を受け、高性能で信頼性の高いデータのストレージ環境を必要とする企業に向けて、アプリケーションおよびそのデータベース基盤を設計、構築し、マーケティングを行います。

両社の提携内容は以下の通り

  1. 両社の製品を相互運用するための最適化と機能拡張を目的とした技術と製品の仕様に関連した協力を行います。日本オラクルは「Oracle9i Database」「Oracle9i Application Server」「Oracle9i Real Application Clusters」「Oracle Collaboration Suite」を、日本ネットワーク・アプライアンスはストレージ・アプライアンス「NetAppファイラー」の製品を基盤に、ソリューション構築のための検証を行います。
  2. 日本オラクルが顧客、パートナーに提供するソリューションの仕様に日本ネットワーク・アプライアンス社の製品を含め、この仕様を検証するためのソリューションセンターを設立します。ソリューションセンターは日本オラクル社内に設置され、日本ネットワーク・アプライアンス社の製品を提供します。
  3. 両社の営業およびマーケティングの協業を行います。両社がパートナー、顧客に提供する技術、マーケティング資料や様々な営業ツール、ブランドメッセージなどを相互に活用します。
  4. 日本オラクルが推進している「Unbreakable Linux」の戦略を具現化するために、Linuxプラットフォームでの製品検証、マーケティング活動を積極的に展開していきます。両社の協業により、コストパフォーマンスの高いシステムをLinux上で提供します。

すでにオラクル・コーポレーションとNetwork Appliance, Inc.(ネットワーク・アプライアンス社)は世界で1,600社を超える共通顧客への導入実績を誇っています。日本オラクルと日本ネットワーク・アプライアンスの提携によって、ストレージ分野の先進的なソリューションを日本市場に提供し、堅牢な情報システムを低コストで提供してまいります。

「Oracle9i」について
「Oracle9i」は、データベース管理システム「Oracle9i Database」と統合型アプリケーションサーバー「Oracle9i Application Server」と開発ツールで構成されるITシステムの基盤ソフトウェアです。データの安全性、保持性に優れたシステム環境を確保し、企業システムに求められる幅広いニーズに対応します。

「Oracle9i Real Application Clusters」について
世界で圧倒的なシェアを誇るオラクルのデータベース管理ソフトの前バージョン「Oracle8i」から採用された「キャッシュフュージョン」アーキテクチャに基づく新しいデータベース・クラスタリング機能です。従来のデータベース・クラスタリング機能では、ノード 数の増加に従ってノードあたりの性能に劣化が生じていましたが、この新機能によりノード数の増加に対して正比例した性能を確保することができます。「Oracle9i Real Application Clusters」によるノードの追加は単にシステム全体の性能向上をもたらすだけではなく、単一もしくは複数のノードの障害が発生しても、残りのノードで運用が継続できることで信頼性の向上をもたらします。

「Oracle Collaboration Suite」について
「Oracle Collaboration Suite」は、リレーショナル・データベースを活用した、安全で、信頼性が高く、拡張性が高い、ビジネス上のコミュニケーションを簡素化し、情報を統合することのできる初めての製品です。また、ハードウェア、ソフトウェア、管理にかかるコストを削減します。「Oracle9i Database」と「Oracle9i Application Server」の基盤を活用して、「Oracle Collaboration Suite」は企業ユーザーにメッセージングとコラボレーションの統合アプリケーションを提供し、TCOの削減と生産性の向上を実現します。ユーザーは、Microsoft OutlookやWebブラウザー、PDAや携帯電話などのさまざまなクライアントから、統合されたEメール、ボイスメール、カレンダー、ファイルの共有、サーチエンジンにアクセスすることができます。

「NetAppファイラー」について
Network Applianceストレージ・アプライアンスであるファイラーは、高性能なData ONTAPマイクロカーネル・オペレーティング・システムをベースに、NASまたはSAN環境を統合し、UNIX、Windows、データベースおよびWebデータを保存する単一のアプライアンスとして、すべての企業データへのシームレスなアクセスを提供します。「NetAppファイラー」は、高い拡張性と可用性を備えた、実績あるネットワーク・ストレージ・システムです。インストール、設定、管理が簡単で、業界で最も優れたTCO(総所有コスト)削減とROI(対投資利益率)向上を実現できます。

日本オラクル株式会社について
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点としたEビジネス構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。従業員数1,588 名(2002 年11 月末現在)。

Network Appliance, Inc. について
Network Appliance, Inc. (ネットワーク・アプライアンス) は、今日のデータ集約型企業に対して統合ネットワーク・ストレージ・ソリューションを提供するリーダー・ベンダーです。1992年の創立以来、ネットワーク・アプライアンス社は、ストレージの進化を推進するために、テクノロジや製品の開発と、パートナーの開拓を行ってきました。ネットワーク・アプライアンス社のソリューションおよびサービスに関する情報につきましては、www.netapp.com および www.netapp.co.jp をご覧ください。

# # #



本件に関するお問い合わせ先

日本ネットワーク・アプライアンス株式会社
マーケティング担当 横井
Tel:03-5251-3747 / Fax:03-5251-3711
e-mail:miyo@netapp.com



日本オラクル株式会社 マーケティング本部
コーポレートコミュニケーションズグループ 広報担当 玉川
Tel:03-5213-6144 / Fax:03-5213-6589
e-mail:Takeo.Tamagawa@oracle.com
URL: http://www.oracle.co.jp/press (プレスルーム)


Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。 NetApp、NetCache、Data ONTAPおよびNetwork Applianceは、米国およびその他の国におけるNetwork Appliance, Inc. の商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。