京都大学 化学研究所、世界中の研究者に利用されるゲノムネットと スーパーコンピュータを支えるストレージ基盤にNetApp FASシステムを採用

ストレージのクラスタ化により、可用性と耐障害性の向上に加え、世界中の研究者に利用されるゲノムネットやスーパーコンピュータの安定稼働を実現

ネットアップ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩上 純一、以下ネットアップ)は、 国立大学法人京都大学(所在地:京都府京都市、総長:山極 壽一、以下、京都大学)の化学研究所(所在地:京都府宇治市)が、世界中の研究者に利用されるゲノムネットを支えるスーパーコンピュータのストレージ基盤にネットアップのNetApp FASシステムを採用したと発表しました。

化学研究所は、ネットアップのストレージを導入したことで、ゲノムネット(同研究所附属バイオインフォマティクスセンターで開発)の利用者の増加や将来のさらなる発展を支える5.1ペタバイト(PB)の大規模かつ高信頼のストレージ環境を構築するとともに、ストレージ システムのクラスタ化により、これまで以上に可用性と耐障害性を向上したことで、ゲノムネットの24時間365日の無停止運用を実現しています。

化学研究所は京都大学の基幹組織の一つとして、化学を中心に物理学から生物学までの広範な学術研究を担っています。附属バイオインフォマティクスセンターでは、バイオインフォマティクス(生命情報科学)研究の発展を目的に、化学生命科学、数理生物情報、生命知識工学の各領域で、バイオ研究用のデータベースの開発と解析の方法論・アルゴリズム開発に取り組んでいます。特に、同センターがインターネットを通じて提供しているゲノム情報サービス「ゲノムネット」は、世界有数のバイオ情報サービスとして世界中の研究者に利用されています。

同センターでは、2016年1月に迎えるスーパーコンピュータ システムの更新に合わせ、バイオインフォマティクス研究の発展や技術進歩によるデータ量の増大に対応でき、さらに24時間365日の無停止かつ安定した運用を実現できるスーパーコンピュータを支えるストレージ基盤の導入を検討していました。バイオインフォマティクスセンターがスーパーコンピュータを支えるストレージ基盤に求めた要件は以下の通りです。

  • ゲノムネットの利用者拡大・発展を支える無停止かつ安定したIT基盤の構築
  • 予定されていたスーパーコンピュータシステムの外部公開に向け、必須要件としての無停止運用の実現
  • 4年後を見据えたデータ容量の確保と大規模ストレージ環境の可用性・運用効率の向上
  • ストレージコントローラのCPU使用率を50%未満に抑制
  • サーバからストレージへのレスポンス時間で15ミリ秒以下を実現する高速性

バイオインフォマティクスセンターでは、従来から利用してきたNetApp FASシステムの実績や安定性などの理由から、更新されるスーパーコンピュータを支えるストレージ基盤に、引き続きNetApp FASシステムを採用することを決定しています。NetApp FASシステムの導入によるメリットは以下の通りです。

  • ゲノムネットやスーパーコンピュータ システムの発展や利用者の増加を支える5.1 PBサイズの大規模かつ高信頼のストレージ環境を構築
  • ストレージのクラスタ化により、従来ストレージ システムをさらに上回る可用性と耐障害性を実現
  • ネットアップ独自のストレージOSであるData ONTAPにより、ボリューム運用の柔軟性が向上し、システム利用者の増加に向けた基盤を確立
  • Flash Pool™の採用により、大容量データのI/Oスループットを向上

バイオインフォマティクスセンターは、Data ONTAPを活用し、クラスタ構成のNetApp FAS8060A(6セット、12ノード)とデータの完全二重化により冗長性を確保するとともに、データ容量を5.1 PBに拡大しました。そして、同センターが運用するゲノムデータベースは、広範なデータに対してそれぞれアクセスが発生する可能性があるというデータの特性から、フラッシュを活用した高速キャッシュ ソリューションであるFlash Poolを導入し、大量データのI/Oスループットを向上しています。また、Data ONTAPを活用することで、ボリュームの急拡大などにも柔軟に対応できるストレージ環境を実現しています。

jp-pr-20170117.png

本事例の詳細については、以下のWebサイトをご参照ください。
www.netapp.com/jp/media/cs-kyoto-univ.pdf

ネットアップ株式会社について
世界中の組織が、データを管理、保存するソリューションとして、ネットアップのソフトウェア、システム、サービスに信頼を寄せています。顧客は自社の現在、そして将来の成功のために、ネットアップのチームワーク、専門性、情熱を評価しています。ネットアップ株式会社は米NetApp, Inc.の日本法人です。製品、ソリューション、サービスの詳細に関しては、www.netapp.com/jp をご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先
ネットアップ株式会社
担当: 篠木 隆一郎
TEL: 03-6870-7300
FAX: 03-6870-7301
E-Mail: xdl-pr-contact@netapp.com

ウェーバー・シャンドウィック(ネットアップ広報代理)
担当: 木下 雄亮/塚越 由佳
TEL: 03-5427-7328
FAX: 03-5427-7322
E-Mail: netapp_japan@webershandwick.com

NetApp、NetAppロゴ、またwww.netapp.com/TMに記載されている名称は、米国および他の国におけるNetApp, Inc.の登録商標です。その他全てのブランド名や製品名は、それを所有する企業の商標または登録商標であり、法律によって保護されています。